『もう4ヶ月間、テストすら受けていない』今すべきことはもともと決まっていたから大丈夫!


スポンサーリンク


ポポ子は2月に数検を受けて以来、

6月の下旬現在に至るまで、人生で久々の

テストが全くない状況を過ごしている・・

これって極めて珍しいことなんだよね・・

テストの目的は、現状の客観的な位置付けを知ることと、

テスト勉強のための追い込みを学力とする

ってことがあると思う。

ただ・・机上の勉強に関していうと

大学受験のために勉強しているわけで、

短期的な視点のテスト勉強だとマズイ部分ってあると思う。

例えば、英検準2級の勉強。

目先の合格を狙うんだったら

過去問とか演習問題をガンガンに回して

ギリギリ合格点っているのが良いかもしれないけど

英検準2級って、普通に勉強していれば

いつかは取れるというレベルなんだよね。

準2級の文法は仮定法とか話法とか

高校文法の範囲に入るから、英検うんぬんいうよりも

高校文法を先に固めた方が、その先の2級が見えてくるから

いったんテストは横においといて

文法をやりこめてしまった方が良いと思い、

この3月から、シリウス発展編3を

徹底的に回すことにしています。(かなり手強いのでまだしつこく回してます)

スポンサーリンク


一つのことを課題に掲げてそれに専念していると

それを克服するための手段にも真剣になっていきます。


シリウス3発展編は最上位の高校受験生むけの問題集で

塾や、中高一貫校向けの文法教材で

うちでは家庭で先取りしているのだけど

英作文がかなり手強いので(文法テーマが広いので)

英文法が完璧に説明できる人がそばにいて

色々な文法のテーマに遡って

文の構造をその都度説明できないと

かなり学習成果が落ちるんだよね。

なので、うちではかなり細かく私がチェックして、

その都度文法の説明をして、最後は音読させて、

暗記と理屈で仕上げるようにしていて、

さらに

文法を体系的整理してもらうために

【スタディサプリ】で当該文法テーマの箇所を選んで

それを視聴してもらったりもしています。


そんな感じで3月から英文法にかかりっきりで

凄く実感することがある。


「理解できる」と「模試などで点をとる」
の差はなんて大きいのだろう・・

その差は「定着」の大変さ。

小テストでその範囲だけやってもすぐ忘れる。

定期考査で範囲をカバーしてそこそこ点をとっても

実力テストや模試ではさっぱり。

去年1年間ポポ子の学校の勉強を見ていて思ったのだけど

数学と英語に関しては

学校の勉強が初見のものだと

実力テストや模試などで点を取るには

正直言って厳しい。(目指すレベルにもよるが・・)


定着するための演習量が、この2科目に関しては

他の科目とは違うからさ・・
直前期になると目先の理社や古典の勉強するじゃない?)


上記の考えもあって、数学(学校のテキストはかなり難しい)

と英語はものすごく勉強させています。

学校が本格的に稼働したら、他教科に時間を割くことになるのは

分かっているし、それでも英数は落としたくないからです。


同様の考えから、現代文も毎日やることにしています。


を、毎日見開き2ページやっています。

現代文の点の取り方は構造を意識して読み進めることは当然だけど

それ以前に、現代文独特の重要キーワード、

これらのイメージをしっかりと理解しないと

文章の展開すら読めないと思うからです。


P中は夏休み明けに定期考査があるらしい。

逆に言えばそれまでは目先のテスト勉強をする必要がないので

7月いっぱいは、英数現国は

毎日勘を鈍らせないように積み上げていきたいです。


現代文の構造分解はこちらの方(うちではまだやってませんが)
漢字は毎日3級のアプリで暗記してます。
一巡した夏休み頃にこれ1冊やる予定
うちではスタサプは辞書代わり。
中3英語期末テストをプリント教材だけで学習したり
高1、2のベーシックを文法テーマごとに受講したり

ブログ村 できる人は結局やっている

スポンサーリンク