女の子の性教育本第2段は「柔らかい口調で必要なことを伝える」良書でした。


スポンサーリンク



夏休みの間に必要な知識を入れてもらおうと思うのは

勉強のことだけではありません。

歪んだ情報にまみれるくらいならば、

と思って買った本がこちら。



先日は、生理しくみに焦点を当てた本である


をポポ子の机の最重要段(通常は毎日勉強するファイルを置いている)

に据えておき、勉強を中断しても読むように言っておきました。


それよりもっと踏み込んだ「性」について

なるべくマイルドかつ必要な情報を知ってもらいたい

と思って購入したのでした。

IMG_20190716_224627 - コピー.jpg

この女の子が思った疑問を

この可愛いウサギが答えてくれるものです。

スポンサーリンク


で。プリ子も早速目をとおして見たのですが

(今さら)
「え、そうなんだ!へぇ ~」

と思う箇所もあったんですよね・・

(ムダ毛はなぜあるのか?という箇所とか)


で。内容については

これは小学校5,6年の時点で読ませても良かったな~

という印象をもちました。

今の小学生はネットで情報が取れるので

男子のその手のネタは親御さん達が思っているよりも

スゴイことになっているのです。

当然の如く女子はそれに引っ張られるから

知識としては入れておかないと、結構面倒なことに

巻き込まれる可能性も否定できません。


今後も身を守るため必要な知識は

口頭でも本を通してでも、

娘に伝えていかないといけないな、と痛感しています。







にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク