年金生活に突入した両親に学ぶ【見習いたい年金生活の日常生活&節約術】とは?


スポンサーリンク


GWに久しぶりに両親の家に行きました。

両親はゲスト(帰省した子供とかも含む)に対して

非常に気前が良いですが、

本人たち(特に母の方)の日常生活は恐ろしく質素です。


父親は80歳になって税理士の仕事をやめました。

つまり本当の年金生活に突入したため

滞在中も両親の日常生活を垣間見ることがあったので

最近の自戒の意味も込めて

見習いたい年金生活の日常生活

を以下にてご紹介します。


1.健康オタク

実家に行くのが少しいやだと思っていました。

父親の顔を見るのが久しぶりだったので

「老い」を感じたらつらいな~と思っていたからです。

しかしながら・・ 

こんな若い80歳って他にいる??!!!

という、

セサミンCMタレント真っ青の若さでビックリしたプリ子・・


・ラジオ体操

・万歩計持って毎日すごく歩く

・野菜&乳酸菌生活

・黒にんにく

・英語の勉強(脳活)

ただ、父は「すごく若いね~!」ってだけなんだけど、

母に関しては「老化という自然現象に逆行している」

というレベルでそもそも白髪を見つけることすら難しい。

(70歳過ぎてやっと白髪が1,2本生えてきた人)

母に関しては、父の習慣をもっとハードコアにした感じです。

とにかくせわしく動き回っていて

椅子に座っているのは英語とスペイン語の勉強の時だけ。

お出かけ(登山含む)の頻度もめちゃめちゃ多いし。


座っている時間が長い人って病気になりやすいって

ネットニュースでやっていたので

それと関係があるのかな~


健康はいちばんの節約術なので

この辺りは後々に効いてくるのでしょう。



2.自給自足


母が料理中に、

「ちょっとネギとってくる~」

と庭の方向かったので見てみると・・・

いつの間にか家庭菜園が!(しかもたわわに実ってる)

そういえばさっき野菜のタネの袋がどっかに置いてあったっけ・・

朝ごはんは HBのパン が出てきました。

(一応小麦粉の種類にはこだわりがあるようです)


私も一時期HBにはまっていたんですが・・

買うのがラクでやめちゃったんだよね(この差が節約に効いてくる?)


はコスパ良く頻繁に使ってました。




スポンサーリンク

 
3.便利アイテムは買わない
(=足りないくらいがちょうどいい)


これは私が子供の頃から変わっていないのだけど・・

ウチの母は

いわゆる便利アイテムというものを買わない人

「時間をお金で買う」ではなく「お金を時間で買う」の方。

さらに「買い置き」という発想がない。

(しかし震災対応品はばっちり)

「必要性がMAXにならないと財布は出さないわ」

そんな母のもとで学校に行かせてもらった娘2人・・



4.冷房はつけるが暖房はつけない。

「暑さは我慢すると動きがにぶって
病気になるからつけるけど
寒かったら着こめばいいから~」とのたまう母。

暖房の方が電力消費するし

そのおかげで電気代はかなり低めらしいです。


母は家での始終動き回っていて発汗しているから

寒さはどってことないらしい。

つまり夏でも冬でも「体を動かす方向」に

かじ取りすることで健康と節約を両立させているようで・・

スボラの節約は固定費管理かな


にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク