『夫婦の危機?』海外旅行に行きたいダンナと行きたくない私の温度差が生じてしまった理由。


スポンサーリンク


先日大型書店に立ち寄った時のこと。

ポポ子の本を買ったのち帰ろうと、ダンナを探したところ、

『るるぶハワイ』を立ち読みしている・・

そう。ウチの旦那はハワイが好き。

多分大方の日本人はハワイが好きなので、

そういった意味では普通の感覚を持っていると思う。。


一方、私はハワイ旅行にそれほど興味がなかったりする。

気候も良いし、アラモアナS・Cも良いと思うが、

じゃあ、例えば何かの懸賞があって


特賞:ハワイ4泊6日Sクラスホテル滞在



を選んで応募するとしたら、

私は後者の方。。

(抽選倍率を避ける目的ではなく)


私が歳とともに、海外旅行に興味がなくなってしまった理由は

以下のような、気力体力の衰えに付随するもののようです。


スポンサーリンク


1.海外旅行の1週間は短すぎる

会社員の身では1週間の有給休暇が限界なので仕方がないのですが、

最近の海外旅行の印象が薄いのは、この中途半端な日程によるところが大きいです。


若い時は長期留学以外は1回の旅行で1カ月くらい海外でキャンプしたり、

長期でダイビングだけしていたり、友達の家に滞在していたりしていたので、

その手の旅行でのインパクトに比べると、

直近の1週間程度の海外旅行の記憶が薄すぎる・・・


結局、日程が短いのが不満なので「まとまった時間がとれたら海外旅行」

が正解なのかもしれません(弾丸旅行でいく体力もないし)


2.旦那が何もせず、私が全てやる

ツアーで行くにはわがまま過ぎる夫婦のため、個人手配になりますが、

この場合の手配はダンナは全て私に丸投げ・・・


旅行中の子供の状況を想定すると、子供の荷物や事前手配が

結構な負担になりますが、それはもちろん私がやることになり、

現地の全ての折衝と、子供の世話も私がやることになり、

結果として、

自分がくつろぐことしか考えていないダンナの世話係と化している自分。

そしてそれを喜びととらえる程、人間が出来ていない私。。。

帰国後はクレカの多額の引き落としが控えており、

結局のところ「私は何がしたかったのか?」と自問自答。




3.日本以上に観光資源が多い国って・・?

1週間程度の旅行だとアジアが多くなりますが、

アジアに行くたびに思うこと。

「中国以外で、日本以上に観光資源が多い国ってそうないよな~」

タイとか台湾とかマレーシアとかインドネシアとかシンガポールとか韓国とか・・

もちろん観光名所はありますが、

日本のような気候の多様性や、文化財の豊富さを考えると、

観光目的では、アジア(中国以外)ってなんか不完全燃焼

でも、欧米とか行くには時間の余裕などなく・・・


独身時代はスキューバダイビングやゴルフにはまっていた時期もありましたが、

結婚相手がそれらをやらないので、

一緒に行くとなると海外旅行のジャンルの幅が狭まり、

一般的に観光名所があるところでないとキビシイのかも・・



以上、総括すると、

短期の海外旅行にともなう、

楽しみ < 面倒くさい


ちなみに小さい頃から海外旅行に同行させられた

姪っ子(両親が好き)や、うちの子(旦那が好き)

・・・海外旅行が好きではない。


実は最近、子供の社会の勉強に付き合っている影響で、

日本国内にものすごく興味があります。

行ったことがない都道府県が多く、

日本人なのに・・と思うことが多いので、

当面は国内都道府県制覇を目指す方向でおります。

初めて自分でトラコミュ↓を作って見ました。
ご興味があれば、お役立て下さい。

ひとり旅の方がネタが豊富~
女性一人旅(お一人さま)

四国に行ってみたいな~
四国を愛する人の集い

アジア旅行情報など
アジア旅行が大好きで気ままにやって往こう


ご当地グルメ(個人的には沖縄料理が好き)












にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク