「ダウ至上最大級の暴落後、急反発ですって!?下落はこれだけで済むの?」→専門家の意見をまとめてみました。


スポンサーリンク


昨日は、久しぶりに相場にガッチリ見入っていました。

明け方に米国初の暴落から、日経平均先物CMEの下落率を確認し、


・米国株の指値注文を入れたり(もう2段の下落を見込み、かなり下で指した)

・日本株の値動きが激しい銘柄で、直近の決算が良かったものの指値注文したり、


もう一段の下落を見込んでいたのですが、

朝起きてみると・・・ ダウが半値くらい戻っている・・


またしても、モーニングサテライトにて確認し、

ダウ暴落後の反発について、専門家の意見をまとめてみたところ・・



・昨日の暴落はシステム特有の「売りが売りを呼ぶ」現象が出てしまった例

・米国株が高値圏にあることで、市場が神経質になっていて、
 いったん売りが入ると雪だるま式に売りが加速する傾向にある。

・S&P500のあるレンジ(指数)まで下落してしまうと、
 機関投資家のシステムが自動で売りを出す設定になっていて、
 それが重なり今回の大幅下落を演出することになった。

・金利に関して株価は非常に敏感で、以前元FRB議長のバーナンキ氏が
 金利に関して言及した際は、株価が暴落し、その後の半年間は
 値動きの激しいレンジ相場となった。

・従って、今後半年間は、値動き激しいレンジ相場入りの可能性が高い。
 場合によっては200日移動平均線の下値を試す展開になるだろう。

・日本株は、アメリカの市場が閉じた後最初に開く
 最も流動性が高い市場であることから、売りが最も強くなる相場。
 そのためアメリカ市場の下落率以上の傾向にある。


バーナンギショックの時のチャートを見たのですが、

確かに金融緩和の出口(要は金利のこと)について言及したことで、

相場がものすごく不安定になって、その後の半年間はボックス相場入りしていたんです。

しかも結構な値動きの中で・・

以上の情報を整理して、今後の予定を考えてみました。


スポンサーリンク

・スイングトレードでこまめに利益確定

・米国株・ETFは指値注文したのち、ほったらかし。

・イデコ・投信はまた市場があれた際にリスク資産割合を増やす。
 (もともとの積立設定はそのまんま)

投資信託に指値注文があればな~。

だから(指値注文ができる)ETFを好むというのもありますが・・・

スイングトレードですが、こちらは手数料の関係もあり、日本市場についてです。


私は日経ブル2倍ETFが非常に使い勝手がよいので売買しているのですが、

昨日もぎりぎりのところで指していたのが約定していました。


日経平均先物の下落率を確認したのち、おおよそその2倍弱の下げの株価を出して、

指値注文入れておいたのですが、本当にぎりぎりで拾えたのでラッキーでした。

こちらは反発局面でまとまった利益を出すのに使いやすい(=分かり易い)

商品です。

ETFという性質上、個別の会社の信用リスクを抱えないところが魅力です。


あと、値動きの激しい銘柄は、外需関連でしょうか。

日米の自動車メーカーが、米国の減税の恩恵を受け、株価が好調のようです。
(一部のメーカー除く)


利益確定とキャッシュポジションに留意しないと、いざというときに思いきれないな~

と今回の件で実感することとなりました。


今回の暴落が一過性のものかどうか、暴落の時点では分からなかったので、

自分はそのような場合、落ちたときのドカンと買うことを念頭に置きつつも、

少額で「当日の中での底値」を伺って買うこともしまして、

今回はいくつか約定したものもありましたが、おそらくこの手のものは

出来るだけ早く利益確定しておいたほうが良いと思っています。


どっちに転んでも、少しは利をとれる状況は作っていきたいと思います。

(そのためにはキャシュポジションだ!)


ダイヤモンドZAI好きだわ・・

インベスターZってよくよく見るとドラゴン桜書いたひとじゃないの。



為替が円安になれば自動車株が上がり、
長期金利が上昇すれば、金融株が上がる。
資金流入のきっかけ理解に役立ち情報はこの辺りかな。。


過去記事:


にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク