夫「え?どこが汚いの?」この一言から【専業主婦は掃除をし過ぎる】ことに気がついた話。


スポンサーリンク


専業主婦は、平日よりも休日の方が忙しい傾向がある。


うちの場合

子供が家にいる休日は私が家庭教師状態であることに加え、

家事をしない人が家にいる状態での掃除、

平日は残りもので済ませるお昼の用意などもある(お弁当がない分はラクだけども)


仕事してた時と比べて明らかに時間&体力ともに恵まれている今、

掃除の精度が上がってしまったのだった・・


働いていたころは、

階段のホコリ(一番目につきやすい)は見て見ぬふり。

床のフローリングに糸くずなどちらほら。

本棚のホコリもうっすらと。


・・・ですが、平日は一度掃除しだすと、最低限の生活が回らなくなるので

休日にまとめてやるまでは、あえて「知らんぷり」



が、今は仕事もせずに家にいるため、

自分が一番、快適に過ごしたいがため、

≪ホコリ1つない我が家≫のために、

ルンバ、ブラーバジェット、をフル稼働しつつ、

雑巾片手に、ロボットが届かない所を掃除する日々・・・



その結果手に入れた

「チリもホコリもない、キレイな我が家・・」



ありがとう、ルンバ!
あなたはいつだって最功労賞よ・・

スポンサーリンク


ですが、休日は徹底的に掃除ができない。

うるさいルンバを動かすことを嫌がるダンナが家にいるし、

子供の勉強に時間を取られるからだ。


その結果、休日とか連休とか、

ホコリが目立つんですよ・・

勝手に自分が掃除の精度を上げてしまったから。


私「あ~、もう、ホコリがすごくてイヤ。掃除しなきゃ~」

と大騒ぎしていると、旦那が


旦那「ホコリどこ? 全然ないじゃん。」

・・と真顔で答えた。


その時あらためて思い返したのだった。この事実を。

普段家にいないひとは、それほど家の掃除の精度を求めていない。



考えてみれば、「キレイな家」の恩恵を一番受けているのは、

家にず~といる私なんだよね。



何もしないよりも、掃除した方が良いけど、

だからといって旦那の仕事での生産性が上がるってもんじゃない。

(あまりにも家が汚いと、ひょっとして下がるかもしれないけど)



5時間かけて100%きれいを求めるよりも、

1時間で95%のキレイの方が効率的だし、

ひょっとして、

20分で80%のキレイがベストなのかもしれない。



私、怖くなったんですよ。

今まで効率性を軸に動いていて生きていたのに、

専業主婦になって「効率性」がどっかに飛んでいってしまったことを。



そもそも、

時間を大事にするという考え方がないと、

人間はダメになる。(人格面でなく、怠慢という意味で)


この時間とか効率性を軸に考えられなくなった時点で、

社会に戻った時にもう「職場で使い物にならなくなってしまう」のではないか。

(効率的な仕事は基本中の基本よね)


出来る主婦は、限られた時間の中で、ちゃんとしたご飯を作るだろう。

だけど、最近の自分は、

時短調理の間隔すらなくなったような気がする。


なので「時間があるからあるだけ掃除&料理する」

ではなく、

「限られた時間で効率的に家事をする。そのことにめいいっぱい、知恵を絞る」


旦那が稼いでくれているのは今だけ。

歳をとると雇用が危ういのは、多分どの世界でも共通点だろう。


そのためにはやっぱり「今」だけを見ずに、長期的に「妻」も働くのが必要なことで、

私も現在の恵まれた立場でも、だらだらとせずに

効率的な時間の使い方を追及していかないとダメだし、

この視点は歳をとっても役立つと思うんですよね。



自分でぐーたらという人は、実はぐうたらではないと思う。


時短グッズそのものは探索中です。
ウルトラハードクリーナー バス用 700ML - は、バスマジックリンとかで取れない
頑固な洗面器などの湯垢を擦らずに落としてくれます。
スプレーして、必ず2時間以上置き、洗い流すだけで溶かし落としてくれる優れもの。



過去記事:

にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク