超・進学校《東大&京大2桁数合格レベル》 あるある。


スポンサーリンク


私がよく使うフレーズの『超進学校』の基準ですが。。おおよそ、


中学受験偏差値が67以上、

高校受験偏差値が74以上。

(高校受験と中学受験の偏差値は同じ学校で10程度差があるので)


このくらいだと、生徒は300人位で、

東大京大合わせて2桁位合格するレベルかと思います。


人によっては 『超進学校なんて、灘、開成、桜陰の数校くらいでしょ?』

と定義される方もいらっしゃるかもしれませんが、

天才&秀才は全国の地域に散らばっているので、

その地域のトップ校を含めると、全国上位40~50校位の範疇でしょうか・・

要は通学できる範囲でこれ以上の学校がないと言うイメージ。




そう言った『超進学校でみられる特徴』について書き出してみました。




校則があってないようなもの。

超進学校で校則が厳しい話はあまり聞いたことがありません。

うちの高校なども、一応、校則なるものが存在しておりましたが。

部室でタバコ吸ってるし。

バイトしているし。

カラーリングしているし。

基本的に「やることやってればあとはOK」みたいな感じで、

『服装の乱れは、生活の乱れ』みたいな一般傾向が全く当てはまらないのが

超進学校の特徴といえましょう。



麻雀、ゲームが無敵の強さ。

高1くらいの時、朝だるそうに通学している男子生徒の会話を

よくよく聞いて見ると、

『朝まで麻雀やっていて・・』みたいな話が結構多かったりします。

ゲームでもなんでも、オタク的に極めてしまうのも、

この辺りの生徒の特徴なのでしょうか・・・

(ちなみに私も小4のとき、『パックマン攻略』にはまったことがありました)




生徒間の学力格差が半端ない

「150点満点で平均が60点の期末テスト」

授業がわりと適当なわりに、半端なく難しい期末テスト。


平均60点って100点満点じゃないです。150点満点ですから!


どうしてこんなおかしなテストになるかというと、

出来る人は半端なくできるから・・


つまり、超進学校は測定不可能な天才生徒が一部混ざっているところなので、

「天井しらず」で「トップ集団は卒業まで変わらない」


もはや期末テストは 

先生方と一部の天才生徒たちのワールドと化してしまい、

その他大勢の一般生徒は赤点をとるまいと、

テスト前の1週間だけは夜の2時くらいまで

必死で勉強する羽目になります。


普段からそのような深夜勉強の耐性が強い生徒たちは、

受験体制に入ると、休日の12~14時間勉強は

なんの苦も無くやってのけます。


スポンサーリンク




(意外にも)美男美女の割合が高い

うちの学校はすべての生徒が難しいペーパー試験をクリアしないと入れないのですが、

男女別の基準を設けていないため、

同様の進学校の特徴でもある、男女比率は男子のほうが高い傾向でした。


それはあらかじめ知っていたことなので、驚きませんでしたが、

入学して結構意外に思ったことは《美形の割合が高い》こと。


理由は在学中に分かりました。


「パパが東大」とかいう人が結構多く、

尚且つ、

公式行事やおうちに遊びに行ったときにみた

「お母さん達が美人ぞろい。」

つまり、遺伝子のなせるワザ。(もちろん例外?もあります・・)




同窓会は海外支部もある。

うちの高校はなぜか、同窓会の海外支部が

ロンドン、NY、LA、フランクフルトなどにあったりします。

優秀な人材は世界をまたにかける、ってことなのでしょうか・・・




同級生が普通にテレビや雑誌に出ている

このくらいの年齢になると、第一線で活躍する世代なので・・




以上が、勝手に私が感じている≪超進学校あるある≫です。

ただ、自分の学校以外を知らないので純粋な比較ができず、

思い込みの可能性もあると思います。



過去記事:

中学受験関係のお話です。


大学受験関係のお話です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク