『もしもしお母さん? 子供の頃のお年玉のことだけど・・』『ガチャン! ツーツー。』⇒こうならないよう子供のお金に決めたルール&【子供の貯金総額】


スポンサーリンク



子供の頃のお年玉とか、お祝い金。

小6以降からはきっちりと管理していたものの、それ以前の所在が不明・・


おそらく、このパターン ↓ で消えてしまったに違いない。


母親「子供に大金持たせても無駄だから家計の方に回すわ、ホホホ・・」



これは、ある意味正解かも。だってあの頃の私にお金持たせていたら、

マンガとゲームに消えてしまったに違いないもん。


実家の場合は、子供のためのお金が、これ以外の所から大量に出ていたはずなので

まぁ、どうでもよい話ではあるのですが、


お年玉とかお祝い金は、やっぱり子供に対してきっちり、しかも、大事に使うべき

と思い、子供専用の口座に入れて、絶対に出金しないように決めました。


以来、お祝い金やお年玉などは、

特定の口座に入金後、「定期預金」でロック。

子供がある程度大きくなった時点で、ATMに自分で入金させる(親同伴)

作業をさせています。



そんなこんなで、現在まで貯金していた、お祝い金&お年玉の総額ですが・・




スポンサーリンク


マネーフォワードの子供預金のスクリーンショットですが、


 298,143円ナリ・・・

ソニー銀行残高子供定期 - コピー.png



このお金の位置づけですが、

子供がお金の使い方を知るまでは、親が管理します。


そして、子供がある程度の年齢になったら、自分の好きに使ってもらうものです。

それまでの間子供に対して

きちっとした金銭感覚を身につけさせなくてはならない と責任を感じています。



子供の貯金箱のお金は、もちろんこれとは別にあります。



「子供名義の資産」という意味では、

証券口座を2つ、銀行口座を2つ持っているので、

有価証券やら、MRFやらにいくらか入っている状態です。


これは、株主優待目的で、複数名義にしていることと、

ジュニアNISA口座によるものです。

これは、親として子供に使うべきお金 の出所のひとつです。


ある程度の分別をしている理由は、

子供に対してやるべきことはちゃんとやるけど、

それ以上のお金をやることは、

長期的な自立という意味において、

子供にとって害悪となる思うからです。


その基準というのは、

「自分が親にやってもらった事は、自分は子供にやらないといけない」


具体的には、たったこれだけ。

・一流大学に入学&卒業するためにかかる、全ての費用

・留学費用



たまに大学生の子供にクレジットカード持たせて、好きに使わせている親とかいますが、

代々資産家で、働かなくても資産運用のみで人生を送れる階層や

労働するのでなく人を労働させてお金を得る階層でないと

害悪以外の何ものでもないと思っています。



なぜならば、上記に該当しない中途半端なレベル、つまり

誰か他の家族の「労働収入に頼っている」という階層ほど

リスクの高いものはないからです。

働けなくなる状態なんて、

どの業界、どの仕事においても例外なく簡単にやってくるのですから。



教育は学歴のみならず。


大学時代のバイトは、社会人として得る収入とは別に、

金銭感覚を身につけるのによい機会と思っています。




過去記事:













にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~




スポンサーリンク