私の同級生の実例【中学受験でピークとなる子供たち】子供の学力を過信しないのも親の務め


スポンサーリンク


私の小6の頃のクラスメイトの話。


中学受験組は私以外にもう一人いました。

その子は、早稲田の附属中学に合格したにもかかわらずそこに進学せず、

都内有数のお坊ちゃん学校として知られる某中学に進学しました。



・・・その後、大人になってから、彼の消息を知ることになり、


 アレ? っと思いました。


彼は一浪の末、A山学院大学に進学したとのこと・・

あの時早稲田の附属にいってれば、学部はともかく、

推薦で、一般入試の過酷な試練を受けずに早稲田大学に行けたのに・・



一方、私はその時(小6)同じクラスだった別の2名と、とある大学でばったり会いました

そのうちの1人はお父さんの仕事の関係で帰国子女となり、

あとの1人は高校受験で進学校に進みまして、

それぞれのルートで、たまたま3名とも同じ大学に進学したのでした。






その大学はA山よりも上のレベルの大学です。


日本の大学は一部の勉強させるところを除き、例え一流大学であろうと、

その中身は形骸化していると言えなくもないですが、大学名やその学部名で

新卒の就活には相当の差がつくのが現状でしょう。




この話を聞いて、中学受験で良い実績をだせたからといって、

一流大学に進めるとは限らないんだ、と思いました。


早稲田の附属中を選んでいけば、一流大学進学はもちろん、高校時代の貴重な時間を

有意義に過ごす事が出来たはずなのに・・(リア充生活だったのかもしれませんが)


スポンサーリンク

こういった附属に行っときゃ良かった実例は、他にも多くのところで聞かれます。

例① 中学受験で慶應の附属と男子御三家に合格し、御三家の一つに進学。
   一浪して、慶應大に。

例② 高校受験で慶應の附属と都立トップ校に合格。東大に行きたかったので都立に進学。
   結局大学は早稲田へ(東大は手が届かなかったけど慶応に行くのは癪だったらしい)


例①のパターンは本人が慶應の附属に行きたかったのに、母親がそれより上の大学に行かせたったので、御三家への進学を強く勧めた、と聞きました。



結局、学習能力のピークが早すぎてしまうと、

それより後ろの試験がうまくいかない傾向にあるようです。

また、難関試験の受験頻度は多すぎてはいけないと思います。

本当に上の大学を目指すのならば、健康的な生活を捨てて勉強時間を確保しなくては

歯が立たないという現実があります。

そういった不健康な生活の頻度は最低限に抑えた方が、

パフォーマンスが良いように思います。


人間の精神力は、ゴムのようなもの。

あまり頻繁に伸ばし過ぎてはいけないように思えます。(大学受験1発勝負とかベスト?)


これは超難関といわれる公認会計士の試験の若い年齢の合格者が、

大学受験を経験しなかった付属校出身の割合が多いことからも伺い知れます。


最後に大学時代に聞いた、櫻〇高校出身の友達のつぶやきをどうぞ。

「うちの学校、慶應の附属を蹴って来た子達多かったけど、結構後悔しているよ。
だってそのまま、大学受験しなくて慶應に進めるんだよ?」


自身(子供)の能力を過信せず、「守り」で考える、のも重要かと。。

「それ以上を目指せる子供」もいるのも現実ですが、「それ」に該当しなかった場合、

無駄な努力と貴重な時代の時間の浪費になるリスクの方が怖いです。



大学受験、上のレベルの学校は(当たり前ですが)大変ですよ。


大学受験の社会(日本史とか世界史とか)と中学受験の社会とでは、

暗記量が20倍くらい差があったと記憶しています。

(気が狂うんじゃね? と言う位の量をこなした結果、おかしな人になりました。。)







にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク