私の辞書には【入塾テストに落ちる】という言葉はなかったんですが?


スポンサーリンク



別の記事に書きましたが、



私は、小さい頃より勝手に勉強法を考えるような行動力のある子供だったので

その後の小、中、高の入塾の際のテストというのは

「1番上のクラスに入れるか入れないか」くらいのもん、と思っておりました。



いざ自分に子供が生まれると、自分自身との圧倒的なギャップに愕然とする事が多く、

1年ほど前、A塾の入塾テストを受けさせたところ、

A塾の先生「お子さんは・・個別指導の方がよろしいかと・・」という

実質「入塾テストに落ちる」というまさかの事態に!


「塾に落ちる」というパターンがあるとは思っておらず、

しばらくショックで寝込んでしまったのです。。


保育園とワーママという関係は、「勉強」とかそういったものは

個人のやる気、自主性にゆだねる以外の方法はなく(時間が無いので)

この時まで、私も本気で勉強を見ていなかったこともあり、

学習面がひどい状態であることを放置していたことをしきりに反省したのでした。。


私の住んでいるエリアは高校受験が色々な意味で難しい所があり、

中学受験をさせる意味が強く子供が生まれてすぐその前提で

働いていたので、本当にどうしたものか? と途方にくれたのでした


スポンサーリンク

とりあえず、落ちるとか落ちないとかの選択肢がなく、

親主導で細かい内容が確認でき、自ら指導も可能である

通信講座という手段をとったのでした。

そしてそして、Z会9か月分をこなした後、B塾の入塾テストを受験させたところ・・

B塾の先生「この結果でしたら、うちでお預かりできると思います」

と、やっとこさ入塾できるところを見つけたのでした・・


ちなみに、このB塾、私が子供の頃通っていた塾でございます・・・


2月から新小5のコースのビリクラスからスタートです。

今回の入塾テストでも、Z会で教えたところが、出来ているとこや

落としたところなどムラがあり、まだまだ固めるところが山のようにあるのを

実感しました。

Z会の中学受験コースを9か月間、中身をがっちり見ていましたが、

私の中学受験の時の問題と全然変わらない・・


私は子供の頃の大昔であっても、いったん記憶したものの覚えががかなりよい方で、

算数の問題の解き方はほとんど覚えているので、

ノートの作り方、復習の徹底、出題内容別の実際の問題の解き方、

引き続き、新しいものと、学習済みのはずのものを、

親主導でやっていきたいと思います。


彼女の自主性や学習アプローチの確立を待っていると、受験が終わってしまうので、

中学受験は、「子供が出来ないのは、全部私のせい」という主体性をもって

やるしかないようです。

過去記事:








にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~



スポンサーリンク