【子供(高学年)の習い事の費用の内訳】あらためて見ると、これも少子化の原因かと。 


スポンサーリンク


公文式 6,500円(1科目)

スイミング  11,000円(バス代含む)

Z会 16,000円(4科目)

オンライン英会話 2,800円



月額 36,300円なり。





スイミングはあと少しで卒業です。

オンライン英会話は気休めです。

公文式は英語のみですが、かなり良いです。

Z会は中学受験講座です。私ががっちり見てます。ただし算数のみ。


無認可保育園で月額8万円払っていた時期もあるので

お金がかからないはずの小学校期間、しかもまだ塾にもいっていない時期に

月額36,300円もかかってしまうとは先が思いやられます。



学資の解約返戻金は、夫婦それぞれの名義で現時点で700万円ほどあるので、

中学以降の入学金など、大きな出費はそこから出すつもりですが、

子供2人とかのうちって一体全体、どうなんだろう・・?


スポンサーリンク


少子化って、日本においては、子供の教育費の問題が根底にあると思う。



教育費かせぐならば、女のひとも働かないと、老後のこともあるし、不安だわ。

 ↓

女性フルタイムで子供二人なんて無理

 ↓

少子化&教育費の偏重加速・・・



アメリカは別として、

先進国でそれほど少子化ではない、ヨーロッパ諸国(フランスとか)って

・教育費と稼げる職業の関係がそれほどリンクしていない

というのが根底にあると思う。

塾代っていうのも聞かないし、大学の学費の補助とかもあるし・・


今後、少子化により、中学・大学受験の過熱感がなくなり、

塾とかの存在意義も薄くなり、


大学の数も少なくなることで、

投入される公的マネー(←大学への国・地方の税金。すごいですよ)が少なくなり、


「大学って行く意味ある?」という疑念から、私的マネーも少なくなり、

上記の流れが落ち着いて

公的&私的マネーの教育費負担が減って初めて

少子化が底打ちするのかな~と思うのです。


私の生きている時代にそれを確認するのは無理かもしれませんが・・






過去記事:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~







スポンサーリンク