多摩センター&千葉三越閉店と日本橋三越のメロンパンの驚愕のお値段から「デパートの存在価値」を考える。


スポンサーリンク



百貨店がどんどんどんどん閉鎖されて行く・・

次は「伊勢丹相模原」あたりかな。



多摩センターと千葉の三越が閉店されるとのニュース。


私はどちらの店も行ったことがありますが、

千葉三越の方は最近はご無沙汰ですが、

千葉駅周辺はそもそも「そごう」の影響が強く

三越は「あ、ここにあったの?」的な立地と存在感(の薄さ)。



多摩センターの三越は、その駅周辺では唯一のデパートで、

お客さんは、そんなに入っていないものの、

デパートにしかないものを買い求めるには、なくなってしまうと困ると思う。


一方、三越は三越でも日本橋は全然違う。

乗り入れの車は、すごいし(ロールスロイスとか)

地下のパン屋のメロンパン240円には驚いた。

メロンパンごときに200円台の値段設定するとは・・

でも、実際売れる。(私も買ってみたけど、全く普通でした)

これこそが、三越が他(メロンパンが200円で売れない支店)を閉鎖して

日本橋とか銀座に集中させたい理由なのでしょう。


ですが、百貨店ってどうなんだろう?

私はそんなに行かないんだけど、

デパートに行く人って「バブル世代以上からお年寄り」ってイメージ

が ものすごく強いです。少なくとも我々の世代よりも上。

スポンサーリンク


洋服買うのも、デパートでなくてもいい。

食料品も、デパ地下? 高いし、近くにないし。

よく新宿とかのデパ地下で買い物して、電車で重たい袋もっている人みて

大変だな~と思うけど、特別なお品とかでなければ、私はやらない。

重いの持って混んでる電車のるのもなぁと思うし・・・

デパートが流行の発信源っていうのは、デパ地下に関してはまだ存在すると思う。

お洒落感応度の高いお方はそういうのをお買い求めになるのでしょうが、

「ほどほど」「そこそこ」「身近な」「お手ごろ」

で満足してしまう私などは、ご縁がなく、でも


「それで全然よいわ」と思ってしまう。




多分今の若いひとも、そんな感じなんだと思う。

なので、デパートを求める市場は、庶民を取り込むことなく縮小し、

ロールスロイスを乗り付けるような一部の

お金持ちエリア・お金持ち仕様になっていき、

デパートは身近でなく「贅沢な、富裕層で上の世代」のもの

になっていくんだろうとおもいます。





にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(←喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~





スポンサーリンク