「教育費は聖域」という発想は、教育上よろしくない、と思う理由。


スポンサーリンク


自分の子供の頃よりも、教育熱心な家庭が増えたと思うのは、

私が昔は子供で、今は大人だからなのでしょうか。


昔と今とで、明らかに違うと思うのは、

・ 英語教育に関する過熱感

・ 中学受験が一般的(首都圏限定傾向?)


この辺りはとにかくお金もかかるので、

経済的に余裕があるご家庭がやればよいと思うのですが、

中には多額の借金(住宅ローン含む)を抱えて

「中学受験」をやっているご家庭も散見されます。


この時いつも思うのが


子供を

A. とりあえず、良い中学に入れたいのか、

B. 賢く人生を渡っていけるように育てたいのか

親御さんは AとB のどちらをしたいのか、と思ったりします。



中学受験は、塾代うんぬんよりも、その後の6年間は

搭乗費が膨大にかかる「下船できない船」に乗るようなもの。


行かせたところで、

学校のカリキュラムや授業が子供に合うか分からないでしょうし、

結局、流されやすい子供(=学習の軸が確立できない子供)は

どんな一流中高行っても、成績上位に躍り出ることはなく、

結果として、「公立でも良かったかも」という事態になりかねません。


一方で、すご~く優秀な子供の場合で、学校のカリキュラムを上手に生かせば、

公立中⇒公立高校のルートで行くよりも、効率的に学習を進めることが

できるかもしれません。


しかし、経済的に余裕がない場合、

ご家庭のお父さんに全ての負担が来ているのかもしれません。


その場合は

「お父さんの負担の上に成り立っている、自身の高額な学費の学校生活」

という現実を、本来であれば子供自身がしっかりと認識して

勉強しなければならないのでしょう。


昔からある中高一貫の場合、

「頑張って学費を捻出」しているわけではない裕福なご家庭も多いです。


そんな中「なんでウチばっかり貧乏なの・・」と

子供が強く引け目を感じるような場合

これは子供自身の成長過程にとってあまり良い影響を及ぼしません。

(生まれた環境だけはどうしようもなく、意味のないコンプレックスを植え付けかねないため)


スポンサーリンク

「親に感謝」というよりも、「なんでウチは・・」

という風に思うのは、まだ大人になり切れない子供が感じるのは、

全く無理のないことです。

そこまでして、無理して私立の中高一貫に入れる意味はあるのでしょうか?

そんなに公立は駄目なのでしょうか?



むしろ、教育面で大事なのは、

Aがダメなら
≪ Bという選択肢の中のベストルートを徹底的に詰める ≫
 ことこそ 重要なのでないでしょうか?

要は、

「頭の切り替え」と「代替選択肢がどれだけ多く出せるか」

更に

その中で「ベストルートは何か」を大人ならではの視点で

一緒に、親身になって、徹底的に考え、実行に移すことが必要です。



ではなぜ、このアプローチが必要なのでしょうか?


上記の考えは、

「社会に出てから、当たり前のように必要となってくるから」


全ての人が東大法学部に行き、

官僚になり、出世し、事務次官になって天下り、

退職金をもらって老後安泰、なんてことあるのでしょうか?


おそらく、どこかで「運」というものに、振り回されることでしょう。


王道ルートなんて、どこかで外れる人の方が大半なのです。


それならば、最初から経済的に無理、という場合は、

いったん王道から外れてよいのです。


そこでベストな選択をし、それを実行してきた子供の方が

その先、どんどんつながってくるし、そういった子供の方が、

むしろ視界良好で、社会を渡っていく要領を得ていると感じます。


何より、


限られた予算でベストを尽くす、という発想と行動は

社会が最も求める人材にほかなりません


「教育費は聖域」だから「お金が無くても何が何でも良い中学に入れる」

という発想をするご家庭からは

その無理な判断をするという事実を根拠に、

あえて公立中で頑張る、と切り替える頭の柔軟性も

代替選択肢を考え、そこでベストを尽くすという気概も器の大きさも

残念ながら感じ取ることが出来ません。


「状況を判断し、その限られた資源(予算・人材)から、ベストな結果を出す」


これこそが社会人が日々取り組んでいる業務そのものです。


社会人として通用する子供を育てるのが育児ならば、

家計管理の中でムリなく考え、それをしっかりと子供に伝えれば

子供自身の自己解決力も、社会性も、人と違った視点を持つ重要性も、

早期から育っていくことでしょう。


過去記事:





にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(←喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク