「米国株式市場」を選好するにはそれ相応のワケがある。


スポンサーリンク


日本株はある条件がそろわないと上がりません。その条件の最たるものは

「円安」。

本来なら金融緩和をガンガン仕掛けているため

株式市場は上がってもよいはずなのですが

やっぱり円高圧力の影響は強い。(というか完全に連動)

米国からの為替操作禁止圧力が強いため、年初来からの急激な円高の流れを止められていません。



全ての日経225銘柄が為替感応度が高いわけではなく、内需関連株など、

探せばよいものもあるのでしょうが、

輸出産業が日本のお家芸という関係上、特定の市場からお金が引き上げられた場合、

内需関連株も影響は免れません。

その中でも、「珠玉の一品」的な株もあるのでしょうが、

そのような銘柄探す労力と運にかける位ならば、

「簡単なゲーム(市場)をやるわ」

が私の基本的な考え方です。



米国は、一連の景気循環の流れの中で、現在は「ピーク」といった感じ。

失業率は低いままで「完全雇用に近い」とのFRBの見解。

賃金上昇圧力も強い(インフレ圧力)

いずれ来る、景気後退局面は2017年の後半から、と言われております。

F696138E-99A6-4EE8-AB29-6C44FADF01BE.jpg



このような短中期的な視点から、米国市場の株を持っているのも一つなのですが、

それ以外の「中長期的な視点」からも、

米国市場の株を選好しています。





なぜ私は米国株式市場を好むのか?

① 【規則性】が見出せる

バブル期の高値をいまだに超えられない日経平均株価と異なり、

ダウ平均などは歴史的な(長期的な)視点で見ても、

上昇下落を繰り返しながらも右肩上がりです。


これは、金融政策(金利の調整)と景気循環が、

セオリー通り(教科書的)に動いているからです。


ちなみに景気循環とは

①景気回復期(低金利)⇒ ②景気拡大期(低金利⇒高金利へ)

③景気天井(高金利) ⇒ ④景気後退期(高金利⇒低金利) ⇒ ①へ


の流れの事で、金融政策と株価が連動しながら、ぐるぐる回ることです。

アメリカ市場はこの流れの規則性が見出せるのです。


①~④のそれぞれの局面で、株価が上がり易いセクター(産業)というのがあり、

それらに集中投資することで、利益を取るというやり方もありますし
今後、別途記事にする予定)

もっと長期的に見ても利益を取れる見通しがあるのです。



なぜなら、米国の方は、依然人口増加中ということもあり、

一連の景気循環後も、

更なる高い位置での株価のスタートとなっていることが確認できるからです。


経済成長は今後も緩やかに続くということも相まって

投資家の立場から見ると、勝負する「台」は「規則性のある方が勝ちやすい」。

ですので、簡単に考えたい私は、米国市場を選好しています。

スポンサーリンク


② ETFの胴元の取り分が安い

米国株の弱い点として、「売買手数料が高い」というのがあります。

そこで、その欠点をカバーするメリットを考えた結果、

各種ETFを選択しています。



ETFは投資信託のイメージですが、

海外のETFは信託報酬が極めて低い」のがメリットです。


これは米国市場ならではの、スケールメリットによるものです。

たくさん投資家から資金流入が見込めれば、

管理報酬はそれだけ低く抑えることができるからです。



有名どころで、ヴァンガード、スパイダー、Iシェアーズ等々。。

有名なセゾン投信もヴァンガードを組み入れています。



ETFのよい所は、色々な会社の株を組み入れて分散されている点です。
(これにより、一つの会社の倒産などの信用リスクを低減できる)


ただ、海外ETFは売買手数料がかかるので、頻繁に売り買いすると手数料負けしてしまいます。

ですが、長期で保有するには、信託報酬手数料の低さから「分」があります。


さらに、NISA口座だと、購入手数料が無料になるキャンペーンなども多いし、

NISA向けの性質(長期でインカムゲインが狙え、大幅な値下がりが少ない)のため

私自身は、NISA口座にこれらの商品を多く保有しています。



後は拠出の金額を「年に数回あるであろうバーゲン価格」と思ったタイミングで、

数回に分けて一定額で買います。




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(←喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク