「どうして息子だけの稼ぎでやれるのにあなたが働くの?」


スポンサーリンク


姑がよく私にいうことばです。

私はその度に、この言葉の返答に苦しみます。

私と姑は何から何まで対照的なので、

その背景を説明するところから入らなければ理解を得られないと思うのですが

それを話したところで、「自分の考えが正しくて全てである」って思う人に

わかってもらえると思えないので、面倒に感じてしまうのです。

また息子の稼ぎが足りないと認めることは、

姑にとっても受け入れがたいことでしょうからそう思いたい、というのもあるでしょう。


姑は
・公務員の夫を持つ専業主婦、
・子供の教育費にお金をかけてない人
・「年金」勝ち逃げ団塊世代 (給付額が納付額よりも圧倒的に多い)

対して私は
・リストラバンバンやっている会社に勤めている夫をもつ
・私自身、会社員生活が長く、働き続けるという事の不安定さを理解している
・子供の教育費はある程度備えたい
・年金負け組世代


スポンサーリンク



私は 「話をする相手」(一般常識がある人)を選ぶ人なので

姑のような人に対してはオブラートに包んでスルーする(相手にしない)ようにしています


今このご時世で旦那さんだけの給料でやっていけるを断言できる立場にいるのは

・公務員か

・目の前にキャッシュがある資産家

ぐらいでしょう。



≪労働環境の不安定さを知ったこと≫

これを理解したことが 長く労働したことで得た一番の対価かもしれません。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。
インコをポチして頂ければ記事更新の励みになります。」

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

スポンサーリンク