色々な会社の生命保険を取り扱う代理店は信用できるか? → 業界出身者の私がお答えします


スポンサーリンク


生命保険を販売する窓口は大きく分けて3つあります (団体保険、通販型除く)

 ① 自社営業職員
 ② 代理店
 ③ 銀行窓販

今ここで言っているのは②の代理店のことです

保険の◯◯ とかそういった類のものです

一見、いろいろな保険会社の商品を取り扱うので

「客観的に良い商品をお勧めしてくれる」

と思っていらっしゃる方も少なくないかもしれません

しかしながら実態は、

保険会社サイドは

特に販売促進をかけてもらいたい代理店に対しては

《特別な手数料》を設定しています



つまり代理店サイドから見ると、

《特別な手数料》を設定している会社の商品を売った方が儲かる

のです



代理店も商売でやっているので手数料の高い商品を売ることを優先します

もちろんお客様が聞いたことに対してはきちんとお答えしているとは思いますが

それぞれの保険商品に対する情報の見せ方は彼ら次第なので

各保険会社の商品の良い情報・悪い情報を客観的に出すことを求めるのは難しいでしょう



あと代理店の人の保険商品の知識は

①の自社で抱える営業職員には遠く及びません

同じ高い保険料払うのなら①の営業を利用した方が

その後のフォローを期待するならば良いかもしれません

ちなみに保険加入後のフォロー自体は、営業職員には1円もお金が入ってこない行為です。

(たいていは追加の保険や紹介をもらうために実施しています)



ですのであえてこれを実施する営業職員はかなり良心的であるといえます

③に関しては近年勢いのある販売手法です。

最近、特定の保険会社が各銀行に自分たちの商品の売り込みに躍起になっています。

その為、それ以外の生保の商品の売り込みに手薄になってしまっています。

他社と比較して検討するという点に期待しない方がいいかもしれません

スポンサーリンク



以上、生命保険の基本的なことで、

私が生保業界に入って「へ~そうなんだ」と思ったことです。






ご参考までに、下記は過去記事です。



保険金を税金で持っていかれないための情報です。





百戦錬磨の営業マンの手口を、業界目線で解説しています。





無料保険相談は、自分の個人情報を「無料で引き渡すこと」と同等です。





保険代理店での相談? 「公正」な判断は期待してはならない理由があります。





ソルベンシーマージン比率が高ければ安全? そう言いきる人は、素人さんです。





業界出身の私が自身の保険について実践していることを説明してます




日本人独特の保険の誤解について書いてます




損しない保険の代表格である≪学資≫の利点を最大限に生かしてます




得する保険&損する保険についての区分は以下の記事に詳細があります。












損害保険は、真逆のスタンスで、十分にカバーする必要があると思います。

スポンサーリンク