【国立小VS私立小VS公立小】子供の特徴とその後の違いについて


スポンサーリンク


私自身は小学校は公立でしたが
その後出会った友達で
『小学校が私立&国立だった』
という人がかなりいます。

以下、公立小出身の私から見た
国立小出身の人、
私立小出身の人、
の違いについて気がついた点を書いてみました。
(個人差があるという前提でご覧ください)


~国立小出身の人の特徴~

・くじ運がよい
・独自カラーがなく自由な雰囲気のため
 ある意味普通
・自己肯定感の強い人が多い
・学区制限があるため意外と地元密着型
・塾通い歴が誰よりも長い
・英語ができる人が多い
・数学ができる人も多い
・親がとにかく高学歴で教育熱心
・親が教育関係者(大学教授とか高校の先生とか)が多い
・たまに資産家が紛れている
・本人も非常に優秀な人が多い
・小学校時代のクラスの結束力が強い


国立小は大学の教育学部の実験校という位置付けのため
学校のカリキュラムなどに期待している親はいません。
それでも行かせたがる理由は
教育熱心な親の子供たちの集団であることを
親たちが認識しているから
という環境を買ってのことです。

国立は抽選の選別があるため
彼らのくじ運が強いのは言うまでもありません。
人生の入口の小学校受験で運の強さを感じることは
世の中が敵になるかOR味方になるか
というくらい重要なことなのかもしれません。

国立小は通学制限があるため
意外と近くから通っているというケースが多く
小学校時代に友達の家に遊びに行く
というケースは私立小の子供と比べて
多いようです。

親御さんたちも、特に父親はもちろんのこと
母親が高学歴なケースが多いです。

よい大学に入ることが目的だが
親も学校のカリキュラムで入れると思っていないため
教育熱心さは私立小や公立小のママと違って
突出しており
子供の英語教育も早期に施している場合が見られます。


~国立小出身の人のその後~
・一流大学にいくため、学校が全部同じ場合も。
・英語力を活かした職につく人も多い
・リケジョも多い。女子は高学歴&高収入ケース。
・そして自分の子供もまた国立小を受けさせる
・同級生と結婚するケースが多い

教育熱心なのは私立の親も同じなのでしょうが
国立小の親が学校に丸投げという考えが皆無なので
家庭や外部手段で手当します。
親の頭脳偏差値はとにかく突出していたイメージ。


スポンサーリンク

(大学附属前提でない)私立小出身の子供の特徴~

私立小も色々ですが、私の周りに多い
エスカレーター式に大学に行けるシステムではない
(国立学園、晃華、洗足等々数ある私立小を想定・・)
私立小の子供の特徴について。

・ものすごく優秀な子供が一定層存在する
 (附属中があるのに中学受験で外部に出るケースを想定している)
・学校で小学校から本格的に英語をやっているため
 中学生になったら(最初は)英語優等生。
・人間関係が硬直化しているためイジメ問題は
 実は結構ある。
・ママの人間関係も根が深い。
・気が遠くなるほどのおバカさんもいる。
・親は中小企業の経営者や開業医というケースも多い
・親は教育熱心だが、学校に丸投げのケースも多い


(大学附属前提でない)私立小出身の子供のその後~

・本人の能力に見合った大学や進路に進む。
・成人以降も、小学校の同窓生とつながっている。
・結婚条件は『ある程度の育ち』が口ぐせ
・玉の輿結婚を実現する女子が多い
・自分の子供を私立小(母校など)にいかせる。

私立小の子供はプライドが高く早熟な子供が多いことと
学年の人数が少ないこともあり
人間関係のトラブルの話は結構聞きます。
で・・それが親御さんのママ関係にも影響するっていうのも
よく聞きます。

姪っ子Mちゃんは典型的この手の私立小出身でしたが
高学年の時のイジメがすごかったらしい。。
なんでもクラスのイケメンと仲が良かったことが
原因だったとか・・・
(上履きなくなったり、後ろからシャーペンで刺されたり)

私立小の英語教育も大したことない印象があります。
そのまま附属中に進んだ子は
中学受験で入った子にすぐ抜かされるようですし
学校内の集団授業で語学をどうにかしたいなら
インターにいくのが唯一無二の方法
のような気がするんですけど・・


大学までエスカレーター式の私立小の子供のケースは
私の周りのサンプル数が少ないので
書くことができません。

公立小の特徴は言わずもがな。

地域性に見事に反映されますが、
所得格差が大きかった私の小学校と
格差がほぼなく均質化されていた
子供の学校と比べると非常に違いがあり、
下手な私立小に行かせるならば
環境の良い(文京区みたいなとこ)公立小
に行かせろ。
と言われたことを実感する次第です。

御三家進学率(母集団に対して)日本一かも?

随時更新される情報です
過去記事:

にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク