【成績とごほうび制度】で実母と姉の意見が対立している件。


スポンサーリンク


ウチの周辺環境は極めて教育熱心な家庭が多く
通っていた公立小学校の全国学力テストでは
平均点がその自治体トップだった事でも知られる。
そんなママさんたちの話でよく聞くケース。
(男子ママが多い)

今度のテストでいい成績をとったら
ワンちゃん買ってあげるわ~

〇×中学に合格したら
ご褒美に何でも買ってあげる!

T緑会の入塾テスト合格したら
ゲームの課金してもOKよ!

これくらいの年齢の子供で
今から大学受験のために備えるような
賢い子供など極めて稀である。


ましてや、その子たちよりも遥かに
ボケ~としていて
競争心ゼロ子のポポ子さんに
大学の名前など出そうものなら
赤ん坊に餅。

今、目の前の勉強をこなすための『ニンジン』
を用意しないと動かない子、だということを知る。

プリ子
『今度の定期考査で9割取れたら
ほにゃらら(マンガ)かってあげるわ』

そしてこのカンフル剤が
ポポ子さんには実に良く効く。

目先のことをしっかりやらせるための
カンフル剤を打ち続けた結果
現在、クラストップを争う優等生となっている。

スポンサーリンク

なんかの折にその話を
姉のK子にしたところ。

姉k子
『何それ!?やめなよ~
教育上良くないよ!』

成績にごほうび制度を紐づけるのは
よくないというのだ。

当ブログでよく登場する?姉K子だが
彼女の考え方は一言でいうと

ゆとり教育推進派。
そして
這いあがってくる子だけ育てればよい。
という男性的な考え方。

姉自身、
私立に通ったことは幼稚園の年少さんしかなく
極めて雑草的な環境で育っている。
そこで色々とあったので
(地元中学が荒れていて暴力被害を受けた)
2番目の私に対しては多少の手当を親がしたため
姉と私は育った教育環境がちょっと違うのである。

ちなみに、東大佐藤ママの考え方は
大嫌いらしい。。

要するに、勉強の
モチベーションの部分に対して
本来の目的と違うものを差し出してはいけない
ってことらしい。

でもやる気が出るの待ってて
その間に勉強しなかった分
取り返しのつかないことになると思うんですけど・・
(中高一貫の中学時代の怠慢で大学、大したことないあるある)

それに関して姉の返答

姉k子
『そんなの本人がそん時に気がつかなくて
バカってだけじゃん。』

おねえちゃんって極めて男性的な考え方なのよね・・・
そして昔から
スーパードライ。

一方、子供の教育を散々放置してきた反動で
孫の教育に関心ありありなのがウチの実母。

プリ子(←負けず嫌い)
『ポポ子さんさ~
今のクラスでスゴイ賢い子がいてさ。
今、追いつけ追いこせって
頑張っているとこなのよ。』

実母(←さらに負けず嫌い)
『そうよね!負けてられないわよね!
そうだわ!ポポ子ちゃんがトップとったら
アップルのパソコン買ってあげるわ!』

ウチの実母はかなり頭が柔らかい方で
世の中には2種類のタイプがいることを分かっている。

崖から突き落として
・這いあがってくるライオン
・そのまま死ぬライオン

姉K子自身(←誰よりも負けず嫌い)
這いあがってくるライオン。

私ってば典型的女の子の親的発想。
つまり切り捨てられない系。

高校にはいれば大学受験が見えてくるので
あとは勝手にやってくれるでしょう・・??
それまでに学力の蓄積が必要な科目に対しては
ごほうび制度で対処しなくては・・と思ってます。

ごほうびで申請している品 ↓
M1チップのが欲しいんですの
佐藤ママ・・・いつの間にスピリチュアルな方向に・・?

『鈴木さんち(桜子さん)の貧しい教育』
PTAの役員をすると指定校推薦をもらえる
というのは実際のところ・・

随時更新のコロナ情報こちら




スポンサーリンク