公文の試験や表彰がウザっ!!!


スポンサーリンク


公文などを長くやっていると

色々な賞状や盾などがたまってくる・・

「あなたは3年先を学習している
なんちゃらなので、表彰しますなんちゃら・・」

とかそういうの。

英語なんて小学校ではじめている人が多いので
皆該当するのに・・

どーでもいい賞状などはすぐ捨てる。(ポポ子に一応聞くが)

どーでもいい盾は本当は捨てたいのだけど
一応ポポ子の手前、置いておくのだが・・

こんなものに金使うなら、その分会費を安くしてほしい。。

スポンサーリンク

公文の良い点は自分のペースで出来る点。

それを別に学年水準で比較しなくても良くない?
(しかも公立中学の基準ってポポ子の中学とは合わないし・・)

それに早く進めたいのではなく、丁寧に穴をうめながらやりたいので
こういう表彰基準ってなんかどうでもいいのだけど・・

そしてここのところ多いのが

公文の「中学認定試験のお知らせ

中学過程(I教材)が終了すると受験を促されるようだが
I教材は3回くらい繰り返した挙句、だいぶ前に終了しているんだよね・・
(タイミング的には高校過程認定試験の方だと思う・・)

公文のいつもの教室で受けるとかならばそれはそれでいいのだけど、

「日曜日に、遠くの外部会場で受けてね」

・・・めんどくさい! 
しかも今、コロナ期間ですよ?

先生も本部からの形式的なものなので
お知らせを渡しているだけだと思うんだけど・・・

多分、早期教育の子供に対して
モチベーションアップのために(=自尊心を高める?手段)
やっているのでしょうが、中学生くらいになると
時間の方が大事だからどうでもいいのよね。。。

そういえば似たようなことが水泳教室でもあったっけ。

某スパルタスイミングスクールで
1級に行くか行かないかってタイミングで
中学受験の塾に小5(遅い)から通うことになって
他の子は1級に行かないでやめちゃったんだけど
ポポ子に関してはあとちょっとだから
1級までとって表彰式に参加させたんだよね。。

なので塾とスイミングの習い事が1,2ヶ月ほど
かぶっていて、親は送迎とか神経使っていた気がする・・・

泳げるか泳げないかという意味では
1級まで行かなくても大した違いはないと思うけど
最後までやった方がスッキリと後に残らない気がするから
そうしたんだけどね。

なので、公文はOが最終教材だから
そこが終わったタイミングで最終認定試験(のようなもの?)
を受験するってだけにしようと思います。

公文の先生に何と言おうか悩ましいですが・・

私が子供だったらここに行きたかった
(我が家から通学できない距離)
修学旅行先も勝手に選ばせてくれる自由な学校。私服だし~
お金もちの知り合いのお子様はここに行っている
中学のリスニング試験が壊滅的に出来ない場合のオススメ教材です
夏期講習のため小学校休ませている親多いみたい
(こういうのは決まってSAPIX)


にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク