【エアコン故障のその後】→総取り替えとなりました・・!!!


スポンサーリンク


自宅リビングエアコン故障の件ですが・・
忍耐をもって業者さんの来訪を今か今かと待ってて
ようやく来てもらえたのが4日目の夜6時頃。

業者さん
「あ~ガス漏れしてますね。オイルも漏れていますし」

エアコン内部はガスが循環しているアルミの管が張り巡らされていて
その管からガスとオイル(潤滑油)が漏れていたらしい。

で・・溶接とかしてふさぐのかな~と思いきや。

エアコンを全部分解し、
古いエアコン内部を除去し
新しいエアコン内部を持ってきてくれて
表面のカバー以外を
総取り替えしてくれました!!!!

受付の時に型番を聞かれたのはこのためだったのか!!!
(念の為、エアコン内部を持ってきておいたみたい)



スポンサーリンク

そんなわけで
ウチのエアコンは4年目なんだけど
中身が新品となりました。

で。業者さんから貴重なお話を頂いたので
連携したいと思います。

エアコンクリーニングは5年に1回程度でよい。
洗剤に弱いらしく、あまりやりすぎると良くないらしい。

一般のエアコンクリーニングは実は壁側の方の
フィンは全然汚れが落ちていない。
本当にちゃんとクリーニングするならば
全て壁から取り外しするタイプのクリーニングでないとダメ。
(富士通ゼネラルはそのサービスをオフシーズンにやっている)

確かに今回、取り外した古いエアコン内部を
あらためて見せてもらったけど
壁側のフィンと表面のフィンで汚れ具合が違っていたわ。
(業者のクリーニングは1回入れたことがある)

このエアコンを購入したときに10年保証を付けたので
今回は無料となり
あらためて大型家電(冷蔵庫なども)の保証の重要性を感じました。

子供の頃にこの本があればよかったのに(感想文の宿題がめちゃめちゃ嫌いだった)

夏休みの宿題は7月中に終わらせましょう
新型コロナウィルス、新型肺炎、COVID-19 病気ブログ・テーマ





スポンサーリンク