在宅勤務で増殖中『カールおじさん』の怪しい1日の過ごし方。

コロナで想定外のことが起こっている。 我が家に「カールおじさん」がいるのだ! ~さかのぼること3週間前~ プリ子「あれ?あなたひげそりしないの?」 旦那「しばらく在宅勤務で、やる意味ねーし。外行くときは(コロナだから)マスクしててわからないし」 その結果、無精ひげ生やし放題のカールおじさんになってしまったのだった! カールおじさんって 明治 カールチーズあじ 64g …

続きを読む

【夫、在宅なう。】急きょ在宅勤務となった旦那が嘆いたひと言。

つい先日このような記事を更新したところ・・ うちの旦那が【コロナ環境なのに在宅勤務出来ない理由】 その6時間後くらいに、旦那からのLINEが。 『明日から急遽、在宅勤務になった』  え~!! (;゚Д゚) ~次の日の朝になりました~ 旦那「モニターはここにもってきて~、PCはこっち」 プリ子「モニターの台の高さが足りなくない?この棚の上におけば?あ。ハンドクリーナー持ってく…

続きを読む

うちの旦那が【コロナ環境なのに在宅勤務出来ない理由】

コロナウイルスの件で 日本政府やその他もろもろのお役所に イライラを隠せない最近のプリ子。 私立中もあとちょっとで春休みのため 大した動きもない。 ポポ子は期末テストの猛勉強中なので なんとか試験までは無事にやり過ごしたい・・ 本来ならば全ての試験が終了する3月は遊びの予定をいれていたのだけど 外出=感染リスク の状況は変わらないので このままでは自宅引きこもりにな…

続きを読む

【パワハラがひどかった職場の上司】⇒ 悩んだ末に私が退職する時にとった「ある行動」とは?

(期末テスト対応で更新ストップしています。すみません。 以下は過去記事ですが未だに腹が立つ内容です、) 私は労働環境には恵まれている方ではなかったかもしれません。 会計士の資格をとるまでの職場は良かったのですが、 資格をとってからは、文字通り、ブラック環境で月の残業70~100時間とか。 労働時間のみならず、上司もパワハラ、セクハラなんて当たり前。 そんな職場環境で、組織の…

続きを読む

【意外と高収入な仕事ランキング】

公認会計士は監査法人勤務だった場合、上場企業の財務諸表や、 公益法人及び学校法人の計算書類の監査をすることが多いです。 現場では勘定科目ごとに分解し、 それぞれ人員を駆使し 客先に証憑類を依頼して会計上の数字の裏付けを取ったり、 『対前期比の差異の乖離率』を確認するような分析的手続き をしたりします。 販管費と呼ばれる勘定科目に『人件費』というのが含まれるのですが、 …

続きを読む

残業で終電を逃した旦那の【悲惨な一夜】の過ごし方に涙した件。

昨日の朝。旦那が家に帰って来なかった話の続きです。 結局【家に帰ってなかった旦那】激務はどこまで我慢すればいいのか分からないよ~ 朝の6時頃、旦那が家にいないことに気がついた私は 最近の旦那の過労ぶりを懸念し、あれこれと変な想像をしてしまいました。 なんせ、なんの連絡もせず、帰って来なかったなんて今までなかったことなので。 ・過労でどこかで途中で倒れてしまった・・ ・(最…

続きを読む

結局【家に帰ってなかった旦那】激務はどこまで我慢すればいいのか分からないよ~

先週過労でダウンし、2日間ほど自宅で貪るように睡眠をとった旦那。 週末明けに出勤しましたが、 案の定・・・連日深夜残業で、帰宅は0時を過ぎる日々。。 結局、業務というものは、休んだ分は自分に跳ね返ってくるものなので、 このような状態になっているようです。 一昨日は1時頃帰宅。その時は私も起きてきたけど、 その時間にやっと夕飯・・ 『体に悪いだろな・・』と思いつつも、食べるなとい…

続きを読む

【希望に満ちた新社会人は閲覧禁止?】20年間の社会人生活の末、私が自分の人生で失ってしまったこと

人生折り返し地点にきてしまいましたが、 こんなはずではなかった・・私の人生。 社会人生活で失ったこと。その1 想像力と感受性。 生まれつき非常に感受性が強かった私は、 目に見えるもの以上に、色々なものを感じる力が強かったため、 即興で音楽を作ったり、絵をかくのが好きな子供でした。 しかしながらそんな子供は途中で人生の選択を誤り、 ひたすら白黒のデスクワークの世界に入…

続きを読む

旦那とうとう≪過労でダウン≫こういう時ってワーママ上がりの専業主婦は弱いなぁ、と思った件。

長いワーママ生活の末、現在は専業主婦で中学受験の勉強と格闘している私ですが、 ふと過去の(働いているころの)生活を振り返ると、 共働き時代に、いかに旦那が家事育児をしていなかったか 共働き時代に、いかに私が子供の勉強を管理していなかったか という事実に愕然とするのです・・ 今は私は家にいるので、100%家事でもOKだけど、 やっぱり共働きの場合は、旦那さんも料理とか作れないとダメ…

続きを読む

【需要がある人】VS【需要がない人】をわりと簡単に見極める方法。

就職氷河期の頃に就職を経験した関係で、 バブル世代に対して特に厳しいと思う自分。 おそらく40過ぎぐらいの世代で就職活動を経験した人は 程度によれど、煮え湯を飲まされる経験をしていると思う。 ・その経歴で入れる会社の採用枠がその年はなかった。 ・自分達よりも上のバブル世代がつかえていて、ポジションが空かない。 ・バブル世代のできない上司のもとで苦労した・・etc 三越伊勢丹…

続きを読む

【お弁当づくりのストライキ決行!】男はその時だけ見る。女は過去にさかのぼる。

12月末くらいの頃。 いつものように、6時前に起きてお弁当を作った。 そして家族を送り出し、家事を高速で片付けて 中学受験用の解き方ノートや暗記ノートを作っていた・・・ ふと気がつくと。 旦那のお弁当が、キッチンのカウンターにおきっぱなし であることに気がついた。 なんてことでしょう! 朝がめっちゃ弱い私が頑張って作っているのに 持って行くのを忘れるとは! そして…

続きを読む

『フルタイム勤務の時は想像もしなかった!』専業主婦になった私が【戸惑った意外こと】とは?

労働ウーマンだった時は、専業主婦は時間と自由がある存在とおもっていましたが、 実際にその立場になって想定外のこともあったりするのに気がつきました。 戸惑いその1:お腹が空かない。 朝は人参ジュースで始まり、コーヒー飲んで・・・ ・・と気がついたら「もうお昼の2時!?」 ストレスがないとお腹が空かないのかしら。 体は動かしていないけど、現在ちょっと、 自宅で膨大なデスクワーク…

続きを読む

【冬のボーナス】が支給されたらしい。使い道を確認し思った私の気持ちについて・・・

我が家では昔から給与の話は全然していませんでした。 それどころか、給与明細とかほとんど見ていない感じ? 私も自分の給与明細は6月と12月に確認するくらいでした。 (源泉徴収の還付と、新年度の住民税の確認の意味で) さらにさらに・・ ボーナスは、基本「ほったらかし」状態。 まぁ、教育費の負担の大半は私の方の稼ぎから充当していたので、 私の夏の賞与は結構な割合で、子供の…

続きを読む

【稼げる仕事につくVS 好きなことで稼ぐ】共存出来れば1番だけど現実は厳しいわ。

昔は働く手段と言えば『会社員とかになって給与をもらう』位しかなかったけれど、 最近のトレンドは『特技を生かしてプチ稼ぎ』 先日の記事では、 料理が得意で、短時間で多くの種類の家庭料理を作ることで、 年齢に影響されることなく、高時給のアルバイトで稼げる方々についてふれました。  【料理が上手ければ、時給2,300円!】3時間で13品作るカリスマ主婦の料理テクニックとは? …

続きを読む

『ゆとりでしょ?そういうあなたはバブルでしょ?』→【バブル世代が使えない理由】

2017年のサラリーマン川柳。 一般投票で、最も得票数が高かったのは以下の作品でした。 「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」 人気度の高さから、みんなが日ごろ実感しているのが伺えます。 ゆとり世代の義務教育の知識量という部分でかなり欠如しているのは 当時の義務教育の責任でもあるので仕方がないですが、 実際の進学校に行った場合はその中での教育になり、ある程度もま…

続きを読む

スポンサーリンク