よそ様の給与と賞与をたくさん見てきた会計士たちもビックリ!【意外と高収入な仕事ランキング】

公認会計士は監査法人勤務だった場合、上場企業の財務諸表や、 公益法人及び学校法人の計算書類の監査をすることが多いです。 現場では勘定科目ごとに分解し、 それぞれ人員を駆使し 客先に証憑類を依頼して会計上の数字の裏付けを取ったり、 『対前期比の差異の乖離率』を確認するような分析的手続き をしたりします。 販管費と呼ばれる勘定科目に『人件費』というのが含まれるのですが、 …

続きを読む

【◯千万円のダイヤ&欧州系ブランド品】ふれてみて⇒「知りすぎた会計士達はブランド品から早期にご卒業。」

公認会計士の監査の仕事の一環で「棚卸し」と言うものがあります。 棚卸しと言うのは、期末時点のその会社が持っている在庫の現物の存在をチェックすることです。 普段は、会社のオフィスで数字のチェックをしていますが、 このときばかりは、実際その会社が取り扱っている商品をガッツリ見ることができます。 棚卸立会い例 ① ハリウッドセレブ御用達の超高級宝飾品 こちらのタイトル ↑ でピンと…

続きを読む

会計士がうらやむ「本当に稼げる資格」はこれだ!

資格の価値とは原則的には、 供給(資格保有者)< 需要(その資格が必要な求人) となります。 このアンバランス対し「高賃金で囲い込み」するところに、 資格の価値が存在いたします。 (看護師さん、保育士さん、介護士さんなど、一部、上記の図式には当てはまらないケースもありますが・・) 私が子供のころは、≪弁護士≫とか≪歯科医≫がプレミア資格でありましたが 昨今は資格保持者が多す…

続きを読む

会計士は見た!⑥日本を代表するあのグローバル企業

(ケース6 日本を代表するあのグローバル企業)​ かつてはそのブランドイメージから 「他社より少し高いけど買っちゃおうかなぁ」思った人も多いあの会社 (Z社とでも呼びましょう) Z社は世界でもよく知られたネーミングゆえ、 「Z社って日本の会社だったの?アメリカの会社と思ってたよ」(by 通りすがりのアメリカ人) そのようなイメージなのでどんなにか洗練された風通しの良い会社かと思い…

続きを読む

会計士は見た!⑤あの超お嬢様学校へ潜入&(特別付録)我が子を玉の輿に乗せる方法

仕事で訪問したこの2つの学校は以下の点で非常に特徴が似ているのでまとめてお話したいと思います(A校、B校共に、)・都内の超一等地にある・ミッション系の同じ宗派・附属小学校は非常に裕福な子ばかり・中学受験で入るのは非常に難しい・大学進学実績も抜群に良い・校風は非常に保守的 A校について大きな門構えをよく見ると上部に監視カメラが数台。 名乗るとシスター及び男性事務職員に丁寧に出迎えていただきます…

続きを読む

会計士は見た!④ 「ここは日本?」外国人だらけの某メーカー工場で見た衝撃の光景とは?

(ケース4 事務機器メーカー子会社工場) 新幹線と特急列車を乗り継ぎ最寄りの駅からタクシーで30分ほど行ったところに その工場はありました。 周りは田畑ばかりで高い建物は一つもない中、広大な敷地を構えています。 工場のすみの会議室で作業をしていると 「キーンコーン カーンコン。」と何故か 小学校の4時間目の終了ベルのようなアナウンス。 会社の経理担当の人が「お昼ご飯の時間になり…

続きを読む

会計士は見た!「私は元奴隷?」 ③ 監査法人というブラック業界...

(ケース3「監査法人」と言うブラック業界) 単に元の職場です(笑)公認会計士、米国公認会計士、その他外国の公認会計士 アクチュアリー、金融機関出身者という、難しい試験を合格した人たちで占めています。 監査経験ゼロの場合の初年度の年収は大体500万円程度。 よその会社の様々なリスクを指摘する立場にいるのにもかかわらず 「灯台もと暗し」が当てはまるほど超ブラックな労働環境です。 …

続きを読む

会計士は見た!② 医科大及び付属病院の光と影?

会計士は通常上場企業の決算書を見る機会が多いのですが それ以外に補助金(国や地方の税金)を大量投入している 学校法人の計算書類のチェックをすることもあります。今回はとある地方のお話。 (ケース2 某私大医学部及び付属病院) 我々会計士は収められた学費及び補助金が適切に処理されているかをチェックしたり、 大学病院の職員の給与、退職金のチェック、病院が購入した医療機器を確認したりします…

続きを読む

会計士は見た! ① 平均年収が日本最高クラスのあの会社

​会計士はその業務の性質上、クライアント先に最短1週間から長くて半年程度 常駐して仕事をします。 事務所に帰ってくることはほとんどなく クライアント先へ出勤してクライアント先から退社します。 また業務上、人件費(その会社の従業員の給与)を見なくてはならない立場にいます。 そのためその会社の従業員の次にその会社をよく知りうる立場にいます。 ここでこれまで私がクライアント先として行った会…

続きを読む

スポンサーリンク