【年払い学資保険の引き落とし催促が来た】こんな大金!を専業主婦なのに払える理由

わが家では子供の学資保険を 契約者 旦那 契約者 私 で分けて支払っています。 ちなみに、私の割合の方が大きいです。 子供が赤ちゃんの頃から、 私の名義の分は全て私の稼ぎから充当しておりました。 結構な金額なので、賞与の方から充当するしか出来ませんでした。 毎年引き落としされる金額は同じで、子供が17歳まで続くので この事実が私の「仕事しなきゃ」のモチベーションとなっていま…

続きを読む

生保出身の私が【学資保険に入っているたったひとつの理由】

生保業界出身の私。 監査法人にいた時も生保の監査をやっていたので、 業界には精通しています。 生保の総合職採用になった場合 営業の人とは異なる、さらに専門的な試験を8つ程受けることが義務付けられています。 そのような知識や、実際の業務に携わって実感したことは、 日本で販売されている一般的な保険商品が いかにぼったくりか ということしかありません。 私は自分の身内には…

続きを読む

【だまされた公認会計士たち!】結局【無知は損する】ってお話。

その昔、監査法人に勤めていた時のこと。 とある現場のチームで作業していたとき。 あるメンバー(男)のひとりが 「ちょっとこれ見て! この積立型保険ってかなり得だよ!!」 と口火を切り、 突然何やら、作業している会議室のホワイトボードに書き出した。。 「ここが損益分岐点で、ここまで(年数のこと)払い込みすれば、 それ以降は利益がでるんだよ!!オレ、今この会社の営業と近くてさ。 …

続きを読む

【受験生には大敵!な風邪】を予防する方法を徹底することにした。

11月に子供が風邪をこじらせてしまって大変でした。 健康管理は親のつとめ。油断した私の責任です。 もともと大変食が細く体力がないので風邪をひきやすいのです。 風邪をひいている時間がもったいないので、 以下の対策を徹底するようにします。 湿度と換気対策の徹底 私が「明らかに違う」と感じたことのひとつとして、 加湿器をかけている状態で寝ている時は、のどが痛くなることはな…

続きを読む

【わたし至上最強のデブ期だった時にやったこと】半年で9キロ体重を落とした方法とは?

未成年の頃はかなりガリガリだったにもかかわらず、 甲状腺機能低下症(代謝が著しく低下する病気)を患ってから投薬治療に入るまで 大して食べていないのにどういうわけか太る という症状が出ていました。(甲状腺機能低下症の典型的な症状です) 本来だったら、病状を特定し、投薬治療に入るべきだったのですが、 当時は超多忙で病院に行く時間もなかったことで理由が分からなかったので、 「何だか…

続きを読む

教育費目的で【学資VS 終身のどちらが適切?】生保出身の私の目には【ワナ】しか見えませんが。

最近、教育費を貯める目的で、低解約返戻金型終身保険を選ぶ方が増えています。 営業もしくは会社本体は、手数料がほとんど入ってこない学資を売りたがりませんが、 終身保険はある程度の手数料が見込めるので、 「その巧妙な見せ方」において売り込むことに成功しています。 保険会社にとって利ザヤを稼げる商品が、 お客様にとってお得な商品であることはあり得ません。 お金の流れは非常にシン…

続きを読む

【この肌で一生、生きてゆく。】美肌人参ジュースを5年も継続出来ているもう1つの理由。

私はズボラな性格だ。 なので『何か新しいこを始める』時は、 その内容の価値を徹底的に吟味することにしている。 途中で投げ出すのはイヤだけど、同時にめんどくさがりやの自分を知っているからだ。 そんな私は、5~6年ほど前に、 『ガン予防のために人参ジュースを飲むことを習慣にする』 ことを決めた。 ガンなんて怖くない!みんなでガン予防 で・・・ 現在も継続…

続きを読む

【生命&医療保険は会社のボロ儲け商品です!】その儲けのすさまじい使われ方とは?

ここに「クスリ」があります。 この「クスリ」は、 将来0.5%くらいの確率でかかる病気に効く「クスリ」です。 ですが その「クスリ」は長期に渡って飲み続ける必要があり、 その病気にかからなかった場合、貴方の身体を確実に「蝕み」ます。 生命保険会社が取り扱う商品は数多く存在しますが、 その商品ひとつひとつに、大方の利益率が分かるような目安が存在します。 営業スタ…

続きを読む

【学資保険加入10年間で貯めた金額 How much? 】こんな感じに成長?しました。

毎年6月は、契約者が私名義の「学資保険年払いの払込月」になります。 生保勤務だった経験上、 ぼったくり保険を避け、生保側にリスク負担を強いる商品に入っていますが、 学資保険はまさに、生保側にとって美味しくない商品。 ぼったく保険(死亡・医療)に入らせるためのエサにしかすぎません。 過去記事:・「学資保険に入りたいんですけど・・」⇒ 気がついたら【死亡・医療保険】に入ってしま…

続きを読む

【旦那のピロリ菌】除染活動パート2 ⇒ ピロリ菌は結局、死んだのか?

旦那が健康診断の結果、かなりのピロリ菌に汚染されていること、 の経過についてです。 先日は、第1回目の除染活動で、ピロリ菌が死なかったとの記事を書きましたが・・ 過去記事: ・「大腸ポリープ」と「ピロリ菌除去」の結果が出たらしい。恐る恐る電話してみたところ… その後、2回目の除染活動(薬の種類を変える)に切り替えたのでした・・ 薬の種類は、1回目の抗生物質に耐…

続きを読む

旦那が独身時代に入った【医療保険】⇒⇒ 〇年後、私が「その会社」に転職した際、やった事とは?

旦那が20代後半の時、お父さんがガンでなくなりました。 壮絶な闘病生活だったらしく、旦那はほどなく自分の医療保険に加入しました。 それから何年か経って・・・ その嫁(プリ子)は某生命保険会社に転職しました。 プリ子は、生命保険会社に就職して初めて、 旦那がどの保険に入っているかを知りました。 旦那が独身時代に既に入っていた保険 ・A社の個人年金保険 ・…

続きを読む

生保出身の私が入っている死亡保険は【格安のグループ保険】です。なぜならば・・

生保出身の私は、一般的な死亡保険が、ぼったくり保険であることを熟知しています。 営業チャンネルを通す保険会社の死亡保険は 保険料のうち、7割が会社の儲け、ぐらいの割合です。 (7割の儲けのうち、ざっくりベースで、営業5割、会社本体2割くらいかな?) ライフネットとか、オリックスは営業チャンネルがないので、 まだ安いほうです。ですが、上記の営業部分のコストが削られるっていう程度。 …

続きを読む

今さら聞けない【生命保険の基本のキ!】 知らないと損する基本情報を絞り、業界視点で解説します。

生命保険業界に就職し、数々の試験を受けさせられていた最中、 生命保険について基本的なことも知らなかった、ということに気がついた経験があります。 私自身は業界出身のため、生命&医療保険に入ることを、近親者には勧めませんが、 中にはご家庭の事情で、この手の保険に頼らざるをえない場合もあるかと思います。 今回は、生命保険の基本的なことで、知っておかないと損すると思うことについて …

続きを読む

生保勤務時代、生命保険の裏事情を知り尽くすがゆえに【一番イヤだったこと】

プリ子は以前、生命保険業界におりました。 その時はすでに会計士の資格を持っていたので、 生命保険の営業とは関係のない デスクワークをしていました。 基本的に生命保険業界で総合職採用の人は、 生保講座と言われる試験をはじめ 10数個の試験を合格し、 生命保険の営業の資格も取得しなければなりません。 当然ながら、商品内容は知っておかなければなりません。 そ…

続きを読む

主人入院予定 → 「医療保険適用せず」のパターン。だから民間保険「超、使えねぇ〜」

主人は人間ドックでいろいろと引っかかりました。 ・大腸 ・胃の中のピロリ菌 ・睡眠時無呼吸症候群 ですので最近病院通いばっかり。。 ピロリ菌は除去の為の薬を飲み終えて、検査待ちの状況にいます。 過去記事:旦那胃カメラ結果「ピロリ菌の疑いあり。」「マヌカハニーで除菌しましょ」→ NZに住んでた私の「本物のマヌカハニーの探し方」 年明け早々、大腸ファイバーの検査が控えて…

続きを読む

スポンサーリンク