全国有数の中学受験率小学校の最終結果をみて感じたこと。


スポンサーリンク


学期末の試験&検定ラッシュでママ対応も多忙です
昨年の今の記事をご覧ください・・・
小6のお子様に関しては
英語の文法問題集をさらっておきましょう!!


ポポ子が3月まで通っていた小学校。

地元中のレベルが非常に高く内申点競争が激しいことで有名で

その影響で早くから中学受験に逃げさせる親御さん達が多いです。

(そのせいで地元中に行く子はしっかりもの&早熟なタイプが多い)


教育熱心な家庭が多いため塾の数も豊富。

その中でもやっぱりSAPIXに通う子はかなり優秀。


さて、これまで小学校の授業参観などで

色々なお子様方を見てきましたが、

その中でひとり突出して利発なお子様がいました。


その女の子。国語の授業だったと思うけど、

小5の時点で理路整然、非常に論理的思考力のあるのが

見て取れて、私の中では「その学校で一番アタマの良い子」

という位置付けでした。


スポンサーリンク


中受を終えた後、私は一切中受に興味がなくなってしまいました。


なぜならば(大学附属以外は)

結局のところ大学受験しなくてはならないし、

またそれ用に勉強しなくてはならないと思うと、

結局中受って手段でしかないんだよな~

と(今さら)当たり前のことにかえってくるし。


ポポ子の小学校では

「進学先は絶対に公言しないように」

という通達が6年の担任の先生方から発せられ

たとえ学年グループLINEの中でも

その教えはキチンと守られてきたのでした。


このような状況の場合、

進学先が分かるのは以下のケースのみ。

・同じ塾出身

・同じ中学進学予定

・サシで仲が良い

・ママ同士が仲が良い


上記の状況だと情報は限定されます。

ですが・・4月になってようやく

誰がどこに進学したのか子供同士で分かってきました。

同小学校グループLINEの、それぞれが出すヒントで。

そこで、

私がかねてから興味があった

あの賢い女の子の進学先が分かったのです。(ポポ子経由で)

中学受験界で最難関の慶応の附属。もちろんSAPIX出身。


附属に行って大学受験を避けるのも賢いよね。

(中受が知能のピークになる子供って多いからさ・・)

他、ポポ子のクラスのSAPIX集団の進学先も分かりましたが

皆さま片道通学1時間半とかかけて、

(御三家とか)最難関中学に進学しています。


このへんは想定の範囲内だったけども

他、四谷大塚とか早稲アカの子たちの

進学先はバラエティーに富んでいてとにかく思ったのは

『自宅から通学負担のない立地の中学』

を選んでいたこと。


ポポ子の小学校って郊外なので

毎日の通学負担が半端じゃなく

都心の子供のような感覚で

学校を選ばなくなってきているようです。

(その点、SAPIX生は例外といえる)


6年後に結果は出ている。

遠い最難関中学 VS そこそ近い難関中学


自分の時代の中受~大学受験の結果を見た時は

どっちも同じ だったけども。


家庭学習の時間の絶対量が少ない最難関中学組は

地頭でカバーするのだろうが・・

勉強効率のため買うことにしましたタブレット。

文法を最初に押さえておくとすごく楽。この本をコピーして
やらせるとよいと思います


中学受験の問題集は
こちらに取りに来てもらいました。
スッキリ~
ブックオフオンライン

「中学受験をわらう」
超魔獣くんはどうなった?
魔母の対応も気になる~

過去記事:小5の京都旅行はその後の歴史オタクの布石となりました


にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク