【優秀な学生家庭教師】を仲介料ゼロで探す3つの方法!


スポンサーリンク


つい昨日の夕方のことですが・・

ポポ子に理科の勉強を見ている時、自宅の電話がかかってきて、

「お子様に家庭教師のご入用はありませんでしょうか?」

この手のセールスはめちゃくちゃ多い。

個別指導とか、教材とか、家庭教師センターとか。


いわゆるな入試として私が教えられないのは

私の専門外であった大学受験の理科系の科目(物理とか)であるため

この手の需要は我が家においては皆無。

だからこの手のセールスは10秒で切るようにしている。

しかし昨日の場合。

電話の主
「私はZ大学でして・・」

プリ子
「ん?何案件?昔の知り合い関係?」(プリ子はZ大学卒)


一瞬、何の要件かわからず、電話を切れなかったのですが、

よくよく話を聞いてみると

Z大在学中で家庭教師のバイト先を探しているだけ。

ということが判明し、速攻電話を切りました。

(今教えているからいらないよ・・)


・・電話の主が本当にZ大学の学生なのか疑わしい。

なぜなら、スゴイ声が老けていたんだもん。


親が受験勉強を教えられない場合、

塾に行かせるだけでは不十分で

個別指導や家庭教師に頼むことになるでしょう。

レベルを求めるならばプロの家庭教師になりますが、

学生バイトの2~3倍(現在ならば時給7千円~1万円かそれ以上)はしますし、

効果を上げるくらいやってもらうならば月の手取り収入くらいは

軽くぶっ飛ぶことになるため、よっぽどお金持ちでなければ無理でしょう。


そこでその次にまともな家庭教師を探すならば、

ちゃんと一般入試で入った学生バイト

になります。

そこで、今回の記事のテーマですが、

受験対応ができるレベルの学生アルバイトの探し方

について書き出します。


特に医学部や一流大学を目指す学生にとっては

「つい最近まで自分も受験だった」

という環境と、独特の入試問題を経てきているので

教える側にとっても負担がかからず、

お支払いする保護者にとっても懐が痛まないと思います。


スポンサーリンク

 
受験対応ができるレベルの学生アルバイトの探し方

1、希望の大学の学生課に頼む

ウチの姉は高校生の時、某国公立医学部の学生家庭教師に

勉強を教えてもらっていました。

その時、ウチの母は大学の学生課に行って探してきたらしいです。

非常に良かったらしく、その先生には医学書(買うとめちゃくちゃ高い)

をもらったりしていたようです。姉はその先生の大学を受けませんでしたが

医学部を目指す学生は予備校と個別フォローのダブルで望まないと厳しいでしょう。


その後姉も医学生の時に家庭教師のバイトをしていましたが、

医学部の学生バイトの需要は昔からかなり高いもので

(親の必死さもうかがえる)

義理弟2号は医学部時代、学生バイトでひと月20万円程度

稼いでいたそうです。(昔から働きすぎだわ、この人)


またプリ子も学生時代、学生課経由で教えてもらった先の高校生に

勉強を教えていました。(その子のパパがZ大卒だった)


学生課を経由するメリットですが、

・本当にその大学の学生であること

・要望が出せる(キチンと一般入試で入ったひとかどうか?など)

・仲介手数料が存在しない

デメリットですが、

・自宅近所の人がなかなかいない。

これくらいですかね~?


2.ネットの無料セッティングサイトで探す

私の時代にこれがあったらな~と思うのがこちら。

家庭教師の無料検索サイトで探す。


ものすご~く細かくフィルタリングが出来ます。

・中学受験を経験しているか?

・どこのエリアまでカバーしているか?

・大学はどこか?

・一般受験で入っているか?

・英語ならばTOEICのスコアなどの資格はあるか?

・時給はどこまで出せるか?


私も以前、試しに検索をかけてみたのですが、

エリアを絞った結果、いい大学学生があまりいなかった

という印象がありました。



3.近所の「家庭教師やります」の張り紙でさがす

私の時代のバイトの探し方でもっとも一般的なのがこちら。

いまだにある、とてもアナログな方法です。

個人情報がオープンなのが恐ろしいですが、

家の近所で探せるため、家庭教師が始まって以降も

お互いの負担にならないところが良い点です。

が、この方法の最大のメリット(バイト側の方の)は

ご近所ゆえの強力なネットワークにより、

1件、請け負うと、口コミで紐づる式に増えてしまう。

という点にあります。

プリ子の学生時代の家庭教師のバイトがまさにそんな感じで、

今でも何人に教えていたか?正確に思い出すことが出来ません。
(一時期、家に来てもらって複数人を教えたことも)


又、このツテで私のところに「理系が強い人」の依頼があった時、

高校の友達で割と近くに住んでいた

一流大学の理系の子を紹介したことがあります。

その後、その友達と久々にあった時にお礼をいわれたので

よい紹介だったんだな~ということを知りました。(良いことをしたわ)


以上が家庭教師の探し方についての話でした。

ピアノの先生と家庭教師はとにかくリアル人脈の口コミが強いので

探す方も普段からその旨を積極的に周りに言っておくとよいと思います。


私自身は家庭教師の先生に教わった経験がありませんでしたが、

大学受験の理系科目と英語に関しては

個別フォローの方が、集団塾よりも有効だと感じています。


ポポ子の大学受験の物理&化学はダンナに任せるとしよう




トラコミュを作りました。
受験情報はこちらに集約中です。

随時更新される情報です

参考にしている情報です。
(随時更新)


にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク