【美味しい・簡単・体にも良い!】今さら地味な食品の効能を見直した件。


スポンサーリンク



今年は猛暑で色々と大変で、エアコン代が反映される8月末の電気代を恐る恐る待っている状況です。

お茶の消費 も早いこと早いこと。


わが家は1年中、麦茶を作って冷蔵庫に常備していますが、

夏場は「さっき作ったと思ったのにもう無くなった?」

という感じですので、

今年からは水出し緑茶を常備することにしましたが、

これがすごく便利でした。


暑い中、火を使わないのはすごく助かります。


きっかけは緑茶が好きなのと、

水出しで出来るならばそれはそれでラクだし~~

みたいにあまり何も考えていなかったのですが。

スポンサーリンク



気がついたら、水出し緑茶生活 1カ月半が経った頃。

「そういえば、病弱なポポ子も最近は風邪ひいていないじゃん?」


今年の夏は結構な暑さのため、気温差による体調不良をおこしてもおかしくなく、

私も「寒暖差」というのにめっぽう弱いタイプ。


ひょっとしたら、体に良いという水出し緑茶効果のせい?


早速お湯での抽出でなく、水出しならではの効能について調べたところ、

スゴイ効能があることに(今さら気がついたのでした)



エピガロカテキン(EGC)

マクロファージ活性化による、免疫機能の向上に役立つが、

この成分の抽出が最も多いのが10度以下の低温によるもの 


一方でエピガロカテキンガレート(EGCG)

お湯による抽出で最も良く出る成分で

抗アレルギー、抗インフルエンザ効果が高いもの。


高温で抽出すると、抗酸化作用の高いEGCGが得られる一方で、

カフェイン成分や苦味のタンニンも出てしまうんで、

夜はあまり子供に飲ませない方が良いですが、

低温抽出だとカフェインやタンニン自体がそれほどでないので

量を消費する夏場などは、水出し緑茶はかなり有用だと思いました。


おそらく、時間帯によって低温&高温の緑茶を使い分けると

世界的にも名高いスーパーフードである緑茶の効能を

享受できるのではないかと思います。

・朝は温かい緑茶でお目ざ。

・それ以降の汗をかく時間帯は水出し緑茶。


私も子供も麦茶よりも緑茶が好きなので、

水出しという手法が食生活の中にすっぽりとハマって

欠かすことの出来ない状態になってしまったので、

在庫を切らさないように気を配るようになりました。



メーカーは特に問わず、ジプシー状態かも?
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村
アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~


スポンサーリンク