【年払い学資保険の引き落とし催促が来た】こんな大金!を専業主婦なのに払える理由


スポンサーリンク


わが家では子供の学資保険を

契約者 旦那

契約者 私

で分けて支払っています。

ちなみに、私の割合の方が大きいです。


子供が赤ちゃんの頃から、

私の名義の分は全て私の稼ぎから充当しておりました。

結構な金額なので、賞与の方から充当するしか出来ませんでした。

毎年引き落としされる金額は同じで、子供が17歳まで続くので

この事実が私の「仕事しなきゃ」のモチベーションとなっています(今でも)

スポンサーリンク


で・・毎年1回、私名義で引き落としされる金額は

約 544,000円 ナリ・・

働いている時は良いんですよ。

で・・子供の受験の件で仕事をやめる時に真っ先に思ったのは

専業主婦(フツーは無収入)であろうとも、

この金額の支払いだけはやめてはならぬ!!


で・・専業主婦なのにこの金額をどうやって支払いしているか?

ですが、収入源はもちろん

株の売却益 & 配当金


私の投資スタンスで最も重視している点は、

現金比率を絶対に確保すること。


若い人で、働いた金額を定期的に積立している方は別として、

私のように、労働期間が長く貯金もある程度あるけど

現在労働収入がないというリタイアした老人のような状況ですと

キャッシュ比率は生命線そのもの!!


なので、早めの利確→キャシュの引き上げ 

でちまちまやっているのが現状で、

その積み上げをせっせと学資引き落とし口座に充当している

といった行為をとっています。

ですので、たま~にIPOの初値売りのようなラッキーなことがおこった場合、

まず学資保険の充当を優先順位1位として考えるようしています。


こまめな利益確定は日本株の方が、手数料が少なく値動きの幅が大きいので

適していると感じています。


ただ、日本株は2018年度の業績見通しが慎重な企業が大半で

それが日本株の上値を抑えているようなので

今年度は金利上昇してきた米国債の購入で

確実な利回りを得る方向性を検討しています。






自分でトラコミュ↓を作りました。
受験情報はこちらに集約中・・
学費ってどれくらいかかるのかしら?の情報です。
本気で育児するとなると必要なのは体力と忍耐。
金銭感覚は親からの影響が大きかったです
家庭でできるお金の教育と学習


過去記事:株で払えなくなったら貯金から充当もしくは労働する覚悟です
(学資保険は自動付帯保険機能がおいしすぎるので)

損しない保険の代表格である≪学資≫の利点を最大限に生かしてます


ほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村パピレス

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク