志望校決定!


スポンサーリンク


中学受験させようと思ったのは、私自身が中・高受験を経て大学受験をした際、

高校受験自体、中高一貫のケースと比較して明らかに

大学受験には不利であることを実感したから。



結婚して自分の実家から離れて全く土地勘のないところに来てしまったので、

自宅から通える中高一貫の学校に

どんなところがあるかよく分からない状態。


つまり、志望校がない状態で中学受験の勉強を先行させる・・

といった、典型的、親主導の中学受験となっている。



さすがに小6のこの時期で、志望校が全くない(分からない)のはまずいので、

とりあえずポポ子に聞いてみた。


「ポポ子はどんな感じの学校がいいの?」


ポポ子
「△△△(条件?雰囲気?)みたいな学校がいいの~」


「な~に?その適当な理由は・・」


△△△ みたいな学校、がそもそもあまりないのだけど?


そんな感じで志望校が決まらないまま、時間が過ぎたころ

再びポポ子に尋ねてみた。


「ポポ子はどんな学校がいいの?」


ポポ子
「ポポ子はA中がいい~」


A中・・たしかに △△△ みたいな学校だわ。

それ以上ないってほど。


私があまりにもA中について知らなすぎるので、

とりあえず学校のHPやら、Inter Eduなどで学校生活やらを調べてみた・・


スポンサーリンク


私「この学校、超たのしそ~!! 私もこんなガッコ行きたかったよ~」


教育において特に母親はその子供に対し

自分のコンプレックスをうめる傾向が見られる。

すなわち、親が子供に行ってもらいたい中高というのは、

親の母校の欠点が無いような学校。


私の母校は全員が難関試験を突破した精鋭が集まる

偏差値70超(高校受験偏差値)の学校だ。


この手の学校は、親は入れてしまえば安心、と思っていたようだが、

実は受験対応ではかなり不利なカリキュラムという実態があった。

つまり「入口よりも出口がやや劣る学校」


さらにうちの学校はボロい(当時)、制服がブサイクという

日々のテンションを下げる要素がてんこ盛りだったし、

イベントも地味だった。


なので、私の場合のこだわりは

入り口よりも出口が良い「お得な学校」で華やかな学校!


その点、ポポ子のいうA中学は、ドストライク。


これほどハードとソフトが充実している学校ってないのではないだろうか?

(つまりリア充が可能)


偏差値や進学実績は私の母校より劣るけれども、

そこにこだわり過ぎると中高一貫の環境を充実して過ごすことができないように思える。


何よりも、

私の母校よりも偏差値で10下の学校を出たダンナは

私よりもよい大学に入ったという事実から目をそむけてはならない。

要は、勉強は環境よりも本人の主体性の方が大事なのだ。


親は「ある程度のとこに入れればひと安心」という

親本人が楽するところから抜け出して

その恵まれた環境を客観的な視点をもって日々大事に過ごすような方向に

より具体的な形で導いていくことの方が大事だ。


そして何よりも 

A中学はポポ子独自の特性により非常にメリットが大きい。

ここを6年間意識して過ごすことで

上記の目的の実現性が非常に高い、というのにも気が付いた。

(私の支持のいちばんの決め手となったのはこの点)


志望校らしきものが決まった時点で、過去問を見てみた。

算数に関しては非常にオーソドックスな問題が出ている。

思考力が劣るポポ子でも、トレーニングをつめば何とかなるレベルと思った。


ようやく志望校決定である。

今後は、この学校のオーソドックスな算数の問題を

ムラなくキチンと仕上げるように、指導していきたいと思う。


A中高の6年間を考えた場合、

今後奇跡的に成績が上がったとしても、志望校を変えることはないだろう。


偏差値だけで学校を選んではいけない。


できるだけ上を目指す、というのは、あくまでも中学受験偏差値でなく

大学受験をターゲットと考えた場合、

その学校の特性がその子供にハマり、本来のターゲットに対して、

子供の成長を促すような環境を

日常生活に落とし込むことが出来るかどうか、

という視点が抜けてはならないのだ。(私の現役時代に抜けていた視点でもあるので)


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 のコミュをみると、中学受験の偏差値至上主義に縛られている

親御さん達が多く、

中学入学後、どれだけ本人が動きやすい環境か?など、

学校のカリキュラム比較や校風についてのあまり興味がない親御さんが多いような気がしている。


この風潮はあたかも、株式でいう上場ゴール。を彷彿とさせる・・


志望校決定により、私の親としての役割が明確になった。

1.A中合格を確実なものにするため指導

2.中受終了後、数学と英語の先取りのため勉強の指導


中学受験を経験すると、中学校の算数はめちゃめちゃ簡単だ(私の経験)

そこで余裕があるうちに慢心せずにどれだけ先に進めるか?

が、ポイントだと思っている。


さらに英語だけど、最もオーソドックスな勉強の仕方が

4技法を効率的に底上げする一番効率的な方法だというのを

痛切に感じているので、このあたりも意識して促すようにしたい。

私立はこれ大事



過去記事:

中学受験関係のお話です。





大学受験関係のお話です。







にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク