平均7千万円の住宅街&中学受験率75%の学区【未就学・低学年・高学年別の子供の人気の習い事1~3位】とは?


スポンサーリンク



子供の通う小学校の学区。閑静な郊外型の住宅地で

鉄道系デベロッパーが開発した、区画整理がなされたエリア。

持ち家比率が9割以上で、不動産はある程度の価格ですが、

子育て環境に敏感な層に人気があります。


このエリアに住んでいて非常に満足度が高いのですが、

いちばんの理由は「自分と似たようなタイプが集まっている」という点です。


都心にいるような、スゴイお金持ちもいないのも良いです。

(ただ公立小学校近くは豪邸エリアがあり、この辺の住民は私立小学校組と想像)


「庶民がお勉強頑張って、中の上の生活を目指す」

というスペックを求める住民だらけ。


そんなエリアに住んでいてつくづく思うことは、

子供に対する行動パターンが非常に似通っている、という点。

特に、塾や習い事に関しては、

保育園、小学校のお友達が

「一堂に会する」という感じで、放課後ライフも一緒になる傾向が高いのです。


そんな子供達の共通の行動パターンは以下の通り。


スポンサーリンク

就学前の習い事ランキング

1位:スイミングスクール

1位:ピアノ

3位:英語


低学年の習い事ランキング

1位:ピアノ

2位:スイミングスクール

3位:公文


高学年の習い事ランキング

1位:進学塾、学習塾、個別指導塾

2位以下なし。


わが家では、子供が3歳くらいの頃から、

家では英語で話かけていたり、英語の本の読み聞かせをしていたので、

自分の子供は、外の教室の英会話スクールに行かせることはなかったのですが、

保育園ママさんの間では、未就学時の時の英会話スクールは人気がありました。

(イーオンとかそういうヤツ)


ですがそれ以上に圧倒的に多かったのは、

スイミングスクール と ピアノ


まずスイミングスクールですが、

近所にオリンピック選手など多数輩出している

スパルタ系スイミングスクールの教室があり、

だいたい、3歳から4歳くらいでスタートするのが地域では一般的です。

中にはベビースイミングから通ってそのままジュニアに以降するパターンも。

その手のお子さんは小1、2くらいで卒業。


このスクールはとにかくスパルタ系なので、卒業までに時間がかかります。

ウチの子供は5年間以上通っていましたが、4技法を非常にキレイな形で泳ぎます。

他のお子様方も同様なので、小学校のプールボランティア(監視係)に行くと、

本格的に泳ぐので面白いです。


そして女の子でピアノに通っていないケースはほとんどみられません。

それどころか、このエリアは男の子のピアノも人気です。


この点は非常に興味深く、

私がその昔とある進学校に入学した際、

男子のピアノ出来る割合の高さに非常に驚いた 

という経験を思い起こさせるのです。

(女子のピアノの上手い人の割合も高かった)


楽器の習熟と勉強には、根気が必要 という共通点があるので、

結果的にそうなのかもしれませんが、

自分はよく受験勉強に煮詰まったときに、

ピアノを弾いてアタマをスッキリさせていたので、

脳みその疲れに楽器は効くものと勝手に思っています。


公文もウチのエリアでは一般的でした。

ただし、低学年まで。高学年になると塾が始まるので

両立は難しく、たいていはここでやめます。



そして高学年になると通塾で習い事はリストラされます。

たまに非常に能力の高い子は両立しているようですが、

「情操教育&遊び」の延長線上にある習い事と、

「進路を決める通塾」が、同じ舞台に乗ることはないので、

普通の能力の子供達は勉強一本であり、

これまでと異なり高学年の大事な時期に習い事を通う姿は

ぱったりと途絶えます。



土地勘がないエリアに不動産を買うのは危険







過去記事




にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~


スポンサーリンク