結婚相手は『その親』を見れば分かる?子供が地雷を踏まないために親が言い聞かせたいこととは?


スポンサーリンク


以前、このような記事を書きました。



最近は、眞子様の婚約内定者の報道が少なくなってきましたが、

私の中の違和感が収まらないのは、

皇族方の支出が税金からまるまる出ているから

という理由によるもの。


婚約延期の影響で、SP費用だけで2億とか・・

そもそも、婚約するかどうかも分からない相手にSPつける必要ってあるんですかねぇ。


金銭トラブルの内容や保険金名義変更のやり取り、皇室へ借金の肩代わりを依頼など

その親御さんの言動があまりに常軌を逸したものだったので、

人を見る上で、その親を見ることってかなり重要だな~

と、より実感することとなりました。


以下は、ヘンな相手と結婚しないよう、うちの子供に対して促したい点です。



身の丈相応で行動する

相手を選ぶ以前に、自分がキチンとしていなければ、

相手から選ばれる余地はないでしょう。

一連の眞子さま結婚相手の報道をみて、トラブル以前に私がもっとも印象に残った点は、

『背伸び』をするための手段が異常。


例えばウチの旦那が突然死して、家計に貯金がなかった場合、

私だったら子供を公立中学に入れて、

その環境で最善と言われることを考えてやると思うんだけど、

身の丈相応という発想がないひとの場合、踏み倒すこと前提で借金してまで

経歴を追い求めるようで・・ 


で・・お金をかけた割に、全然ペイしてない(=稼げてない)のはどうしてなの? 

他人の金で何かをして当然という発想ならば、教育のありがたみも分からないし、

一生懸命踏ん張って働こう、という気構えも起きないのも当然か。


向上心は大事だけど、

あくまで身の丈相応な手段で、

そこから吊り下げられた蜘蛛の糸を慎重に上っていく努力をしてきた人は、

そもそも『身の丈相応でない人』に対してある程度の違和感を持つと思うので、

自分の子供は、出来ること と 出来ないこと

の分別はつけさせたいです。

 
世の中のヤミを『外から』見せる

私もそうですが、子供も平民で生まれてきた以上、

危険な環境にいかないよう、必死にならざるを得ません。


子供を『ある程度の環境に』と望む親御さんは多いことでしょう。

勉強で忙しい学校、お金がないと入れない学校などは、

子供を一般的な害悪からある程度守ることは出来るのかもしれません。


が・・お金がなく他人の借金を踏み倒してまでも

学校に入れる親もいるようなので、

お金の確保の仕方、については、

それぞれ具体的に明示するようにしていきたいです。


・親が金持ちでそれを相続した人

・勉強ができて、安定した仕事についた人

・日影と言われる仕事(=風営法がらみ)を束ねて稼ぐ人


世間知らずだと困りますが、へんな付き合いはさせたくないので、

色々なソースから入る情報は、ある程度の時期がきたら

過度に遮断することなく見せて、説明した方がよいと思います。

スポンサーリンク


女でも経済的に自立させ、『金だけ男』を掴む渇望を断たせる

女の子の場合、一番のリスクヘッジは、

金銭の過度な外部への依存を避けること。


今後、どのような職業が『稼げるか?』よくわかりませんが、

ある程度、自身の強みを若いうちに確立する といった思考がないと、

金だけオトコ をつかむリスクはいっこうに減ることはないのでしょうか。


昭和の時代は女性は生活のために男をつかまえる、

というのは普通の発想だったのかもしれませんが、

お金のために離婚を踏みとどまる人も少なくないようなので、

人としてまともで、なおかつ生活基盤も安定した人がよいならば、

女性自身も、求める男性のキャリアと同じところに身をおいて、

距離感が近いところから、人を見る目を養う、

というのはいちばん王道だと思います。


駆け引きと料理も大事~









過去記事:結婚相手に求めることは価値観のギャップが少ないこと!



にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~


スポンサーリンク