中学受験算数『ママ塾でどのように教えればいい?』我が家で気をつけているルールとは?


スポンサーリンク


中学受験は算数で決まるのは言うまでもありません。

我が子は私とは対照的なタイプで、

勉強に関してははかなり劣っているため、

親が必死に教えないととんでもないことになってしまいます。


以下はわが家で実施している『中学受験算数の取り組み』のほんの一部分になります。

(算数という科目は、子供の脳みその働きをもろに反映してしまう恐ろしい科目です。

早熟な子供と同じことをしても到底かなわないため、親が教えていますが、

理解するだけでは、テストという短時間&新出問題の対応には不十分ということを

ご理解いただければと思います)


私が子供に算数を教える際に気をつけていることは

【簡単に考える方法】を考えて子供に見せること。


中学受験の算数はテーマが多岐にわたっているため、

その都度パターンを掴まなければならないのですが、

一度やった問題も、範囲の広さゆえに一巡したらまた忘れてしまう、

の繰り返しになります。


ですが、理解を伴う暗記は、単純な暗記と違い、

しばらく時間がたって再現性が強くでるので、

なるべく分かり易い(理解できる)やり方を教えるようにしています。


実際にどのように解き方を教えているか、一部のテーマになりますが、取り上げてみます。



食塩水

教え方は、面積図やら、普通の式、天秤図(だっけ?)など色々とありますが、

我が家は『分数の形』で教えています。


1.分子→ 食塩

2.分母→ 食塩水(食塩と水)

3.その分数の値 → 濃度

食塩水の値を100にそろえると、分子の値がそのまま濃度の値になり、

計算がラクなので、ミスの誘発を防ぎます。


そして、値を乗っけるだけなので、

何が分かっていて、何が分からないかが明確になります。

これは、簡単な問題ではなく、難しい問題で頭がごちゃごちゃする際には、

非常に有効な『整理の手段』になります。


食塩水の解き方のコツですが、

混ぜたり、蒸発したり、こぼしたり、移動させたりする

変化パターンの際

上記の1~3のうち『変わらないもの』を常に探すクセをつけること

・水が蒸発したOR水を加えた → 食塩量は変わらない

・作った食塩水を一部移動した → 濃度は変わらない

・食塩を加えた → 水は変わらない


IMG_20180418_093320_681 - コピー.jpg

そのパターンごとに、

変わらないものは何か?を、随時計算しながら、

問題文にある追加情報をうめつつ、食塩水の状態を追っていけば

かなり解きやすくなると思います。


計算式をずらずら書いたり、計算が遅かったりすると、

だんだんと何をやっているか(この数字ってそもそも何だっけ?的な)

分からなくなってしまうのを防ぐ目的としても有効です。

スポンサーリンク


原価・定価・売値

子供には理解しずらい、原価と利益の概念・・

中学受験では『割合』の中で出てきます。

当初は線分図で教えていましたが、

このテーマ(原価と割引と利益)については、線分図は非常に分かりづらいですし、

たとえ書くにしても上手くかけないので時間のロスになります。


そこで私が考えたのは

簡単な表に分かるものをうめこみ、

紐づる式に分かるものを書き込んでいくやり方です。


原価・定価・売値・利益 という4項目に

円と割合の2つのラインをもうけて

それぞれ計算出来るところをうめていきます。

IMG_20180418_102752_035 - コピー.jpg

そのようにすると、

××円=割合 (相当する部分)

を簡単に見つけだすことが出来るので

あとは、解答すべきとこを見つければOK。

イメージを頭の中で描けるならば、

式のみずらずら書いても良いのですが、

こちらは 問題を解く際、非常に脳の省力化につながるので、

ミスも防げますし、込み入ったケースだとより有効です。


特に、こみったパターンである、

定価で売れた数量と

割引で売れた数量が分からないケース

IMG_20180418_093301_407 - コピー.jpg

このようなパターンは、表上で整理がもっとも分かりやすいです。

このパターンは、最終的には差集め算が絡んでくる、という複合テーマが多いので、

出来るだけわかりやすく情報を残せないと

途中で迷子になってしまうので、気をつけなくてはなりません。



以上が、ママ塾で教える際、気をつけていることの例になります。

中学受験はとにかくテーマが多いので(細かく分けると100以上)

上記のようなパターンを他に大量にこなさないといけないのが、

とにかくキツイところです。


ですが、親が分かっていても、子供自身がコツをつかむのに非常に時間がかかるので

その辺は超絶な親の忍耐力が必要となって、

気の短い私にとっては苦労の日々となっています。


上記の解法については、完全に私のオリジナルですが、他のテーマに関しては

以下の本を参考にしています(規則・仕事算・速さなど・・)







過去記事:
【社会の暗記方法】中学受験の地理が難しい・・でも私には秘策がある


にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク