【私個人の金融資産のポートフォリオ】


スポンサーリンク


株式相場が堅調です。


無理もありません。長期金利が低いので

リスク資産で少しでも配当取りしなくてはならない

世界的な資金の流れが株式相場を支えているのと、

日銀の買いオペの株の下支え要因もありますしね・・


日銀は物価上昇目標を2%と掲げていて

それまでは出口(金融緩和の縮小)戦略を検討する段階ではない、

と言っているので、あと少しは相場が持つかも知れないので

粘り強く持ちつつも、

少しずつ利益確定してキャッシュ比率を上げる方向には変わっていません。


で、現時点での私個人名義の金融資産の内訳はこちらのようになっています。







ブログ - コピー.png


キャッシュ比率が49%・・・

キャッシュは配当を生まないし、この低金利で悩ましいのですが、

現金比率はもっと上げて行きたいと思っているところです。

理由は、やはり景気循環の法則では、米国も1年後にはそろそろ天井打ち

と言われているし、日銀の日本株の保有比率が高すぎる(ETF買い含む)ので

ババ抜きのババ(最後まで強気で高値で買う人のこと)をひきたくない・・・


株を買う以上は 利益を狙うのは当然ですが、

欲をかきすぎると逃げ遅れる・・・・

スポンサーリンク



白根山が突然噴火したことや、関東に予想外の大雪がふったことなど、

天変地異と株価の暴落は予想しなかったタイミングで突然やって来る。

「備えあれば患いなし」は資産ではキャッシュポジションのこと。

ただ、天井をあてるのは本当に困難なので、

積立投資の方は当然のことながら続けたいところです。

バブル崩壊後の相場をみても、長期の下落相場って積立投資も

長期間、含み損を抱えることになっていました。(私はその時は株やってなかったけど)


こういう時期は精神的にはかなり厳しく、

その時にぎりぎりのキャッシュポジションだと

おかしなことしでかしてしまうと思うので、

債券持っていたり、超ディフェンシブの株などで

ポートフォリオを安定させていく必要があると思っています。


さらにこういう状況でも世界のどこかに目を転じれば、

良い投資先の選択があると思うので、

外貨投資用に、外貨を持っています。


現在の、米ドル建て資産の保有割合は25%です。

当然のことながら、為替によって、この比率は大きく変わります。

以前は比率がもっと高かったのですが・・・

過去1年を振り返ると、日本株の儲け(利益確定分)の方が多かったことも

影響しているのかもしれません。


個人的には米ドル建て比率を上げたいと思っているのですが、

日本円から米ドルへの買いつけは、1ドル=100円を切らない限りしないつもりです。

(今までそうしていたから)


そうなると、

現在の米ドルで、配当利回りが大きい銘柄に寄せるか、

米ドルで、米国株ではなくヨーロッパ銘柄(上値追いの余地あり)を買うか

もう少し(金利が上がりきるのを)待って米国債を買うか・・・


方向としては、キャピタルゲインでなくインカムゲインを狙う方向に

少しずつ舵を切る方がいいような気がしています。


あとは個別銘柄から分散投資のETFなどへシフトしていきたいです。




今朝のモーサテでも、当面は米国経済、超好調で

ボーイング」などの銘柄を推していて、

もう少し株価上昇の余地はあると言っていました。

なので、短期的にはあと1年は儲けることができるかもしれません。


ただ、NISAなど(長期)で仕込むには、かなりよく考えた方がよさそうな気配。。。


株式相場は上がっているときは儲かって当たり前、

下がっている時にいかに守れるかがもっとも大事(とプロが言ってた)

仮想通貨だ日経平均高値更新だ、とかこういう時期に

頭を冷やし、広い視点でお金を守るスタンスを貫きたいと思います。





比較的取り組み易い投資商品や、参考情報がある
他の方の記事はこちらになります。

過去記事:

・ 私の名義の積み立て投資信託【セゾン投信・ひふみ・その他】累計資産額と毎月の積み立て額はこんな感じです。


にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク