【わたし至上最強のデブ期だった時にやったこと】半年で9キロ体重を落とした方法とは?


スポンサーリンク


未成年の頃はかなりガリガリだったにもかかわらず、

甲状腺機能低下症(代謝が著しく低下する病気)を患ってから投薬治療に入るまで

大して食べていないのにどういうわけか太る

という症状が出ていました。(甲状腺機能低下症の典型的な症状です)



本来だったら、病状を特定し、投薬治療に入るべきだったのですが、

当時は超多忙で病院に行く時間もなかったことで理由が分からなかったので、

「何だかよく分からないけど太っちゃったからダイエットしなきゃ。」

と決心をして取り組んだ時期があり、

結果として半年で9キロすんなりと落とすことが出来ました。




その方法とは、今でも一般的な 糖質制限。

糖質制限とは、

炭水化物を制限することで体内の体脂肪を

肝臓によってエネルギーに変える方法で、非常に効果があるとされています。



糖質制限をしていた時の食生活

・朝の人参りんごジュース以外の炭水化物はシャットアウト。

・サブウェイではパンを抜いてサラダだけ。

・モスバーガーでは菜摘み(バンズを除いてレタスで食べるハンバーガー)

・ラーメン食べたくなったら

・パンたべたくなったら→ふすま(ブラン)製品

・スイーツは糖質制限シリーズか、カロリーゼロのゼリー

・自宅ではおかずだけ食べる。

・ソイジョイはフレーバーをそろえて飽きないように楽しむ
(多分全種類食べたと思うけど

・通常はNGとされる根菜類はキチンと食事に取り込む。

・調味料は砂糖でなく、パルスイート 120g - を使う。


スポンサーリンク

通常、糖質制限をキチンとやるならば、人参などの根菜類はNGなのですが、

自分は野菜から取れる栄養はカロリーだけではないと思っていたので、

野菜は積極的にとっていました。


糖質制限をおやりになった方はご存知かとおもいますが、

糖質制限は最初の2日間を超えると

「空腹感がなくなる」

これこそが、炭水化物からのブドウ糖から
体脂肪分解からのエネルギー生成に切り替わった瞬間!!

なのでいわゆるなダイエットに伴う苦痛?みたいなものはなかったのですが、

以下のような困ったこと?を経験しました。


糖質制限で困ったこと

食費がかかる

・おかずだけ食べるので味が濃く感じる(=減塩につながるのである意味健康的)

・外食の選択肢が極端に狭まる。

・なんでもかんでもパッケージで糖質量を確認するのが面倒。


糖質制限って炭水化物取れないから、食費が野菜、タンパク質になるか、

ローカーボの代替食品だから、食費が異常にかかるんですよ・・


で、気がついたのです。

アメリカの貧困層がなぜ太っているのか を。


炭水化物(コメ、小麦、トウモロコシ)って簡単に空腹を満たす

安上がりな食材なのだということなのですよね・・

後は外食に制限があるので、つまんない、とか

周りの人に気を遣わせるところが難しいと思ったんですよね。

そんなこんなで体重を落とすには、脂質よりも炭水化物が有効というのを、

実感したのであります。エステの痩身コースも、ライザップも

炭水化物の制限が厳しいと聞くので、もっとも王道なダイエットなのでしょう。


で、現在ですが、

代謝異常の投薬のおかげで、ごく普通の食生活を送っています。



肥満は大病の元。日頃から「お腹が出ない対策」の意識をもっていたいです。



病気関連記事:


リスクと戦うならば予防医学が大事。私もやっています(人参食べてます)


にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

先週の人気記事 (PV)