「知的能力は父親からではなく母親からのみ遺伝する」≪遺伝するものしないもの一覧≫


スポンサーリンク



《知的能力は父親ではなく、母親から受け継がれる》

昨年のネットニュースで随分と話題になった、

アメリカのニュースサイト「サイコロジースポット」に掲載された

ジェニファー・デルガドさんの論文内容。


(Livedoorニュースによると)

父親の遺伝子を持つ細胞が蓄積されるのは、

気分や本能をなどを制御する大脳辺縁系。

母親の遺伝子を持つ細胞が蓄積されるのは、

記憶、思考、音声そして知覚といった認知機能をつかさどる大脳皮質。


つまり・・「頭がよい」とされる、記憶力、論理的思考、の

遺伝的要素は、父親からは遺伝せず、母親からのみ遺伝する、ということらしい。

でも、学力って単に知的能力だけで構成されないので、

後天的な能力である程度はあげられるもの・・

と思っていたら、学力に関係すると思われる、

方向音痴(空間認識能力)、集中力、頑固、真面目さ、文才

も遺伝するらしい・・


遺伝 - コピー.jpg
(週刊現代から引用)

遺伝2 - コピー.jpg
(週刊現代から引用)
項目が週刊現代っぽいのはご愛嬌。

スポンサーリンク



私は上記の中で「文才」と「集中力」の遺伝の強さにびっくり。

さらに、遺伝の要素って幼少期よりも、成長するに従ってより濃く出てくるという

説が最近では有力らしい。。


日本人は「努力が美学」みたいになる傾向が強いけど、

欧米では勉強が出来ることを「gifted」(天賦の才能)

遺伝的傾向であると定義される風潮が強いと感じたことがある。


ここでちょっと難しいと思ったのは、

自分の母親の能力がよく分からない、ということだ。

学力や学歴はあくまでも育った家庭の事情によるところが大きく、

例えば「東大を一般入試で現役で入った母親の子供」とかいう究極のパターンだったら、

もうそりゃ~子供絶対賢いでしょ?って感じだけど、

普通の経歴のお母さんを客観的にジャッジするのは結構難しい・・


ただ、自分の親なので、記憶力がよいとか、頭の回転が速い

とかその程度は分かると思うので、よくよく思い返してみると新たな相関関係が

分かるかも知れません。



過去記事:東大理3の佐藤ママはやっぱりご本人が頭がよいということになるのね。



にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~


スポンサーリンク