【この肌で一生、生きてゆく。】美肌人参ジュースを5年も継続出来ているもう1つの理由。


スポンサーリンク



私はズボラな性格だ。


なので『何か新しいこを始める』時は、

その内容の価値を徹底的に吟味することにしている。


途中で投げ出すのはイヤだけど、同時にめんどくさがりやの自分を知っているからだ。


そんな私は、5~6年ほど前に、

『ガン予防のために人参ジュースを飲むことを習慣にする』

ことを決めた。





で・・・ 現在も継続することが出来ている。


おそらく、この手のものは、

マイブームで終わってしまうのが大半だと思う。


習慣として継続することは、人生を変える。

だけど、継続することはモチベーションの戦いでもある。


モチベーションを保つには、効果を実感することが大事だけど、

たいていの人は早期に結果(=効果)を求めてしまっていて、

気がついたら『あれ? 今までと違う・・』

という所まで継続出来ていないのだ。

(目に見える効果、という点では、自分の肌とダンナの花粉症&加齢臭)
  

この肌なら、冬場でも化粧水一本でいけます。


スポンサーリンク

人参ジュースを続けるために気をつけていたことがいくつかある。


・最初は身体に感じる効果をいち早く実感するために毎日継続した。

・そのあとは、隔日程度にして(継続するために)負担がない程度の習慣に落ち着いた。

・スロージューサーはキッチンのいちばん使い勝手のよい場所に置いた。

・自分の肌のしっとり感を確認し続けた。

・旬の時期ではない夏場は市販物で代用した。


結局、無理せず継続する手段や、がんリスクを遠ざけたい思い、

肌がとにかくキレイになるのでそれをモチベーションとすることで

これまで継続出来ている。



ですが・・本当に継続出来ている理由は・・・


美味さ!!

旬の時期のリンゴ人参レモンジュースは

体が求める美味なんだもん(ほぼ中毒患者)

IMG_20171017_071635 - コピー.jpg


の初代バージョンを使っています。



現在は夏でも人参とかリンゴが手に入るから、作るんだけど、

冬場の味と全然違う。なんかこう、スカスカ? みたいな・・


これに対して、この時期から出回るリンゴ入りのフレッシュジュースは

鮮度ピチピチ?の味と風味がのったフレッシュなうまさなのだ。


やっぱ旬のものって違うのよね。

夏場は食材が高い&味が良くない(特にリンゴ)ので


IMG_20171017_071811 - コピー.jpg

箱買いしてのむことの方が多いです。

娘はとくにアレルギーの関係でしぼりたての果汁はダメなので

こっちのジュースを飲ませています。

IMG_20171017_071857 - コピー.jpg

私はストレートジュースであればメーカーはどうでも良いけど

旦那がドロドロジュース(果肉入り)のものを嫌うので、


で最近は落ちついています。


あとはふるさと納税で人参ジュースを指定することもあります。

とにかく買ってしまえば強制的に飲むことになるので、

我が家のパントリーに常時置くようにしています。



だけど、味では家で作ったもの以上に美味しいものはないです。

以前は実家の(もちろん無農薬)レモンを送ってもらって

そのままカットしてジューサーに入れていました。

(レモンの皮の抗酸化作用が非常に有用とのニュースをみたので)


そうすると、病みつきの風味を醸し出すんですよね。

レモンの皮の香りが美味しさに直結しているみたいで。


残念ながら、実家レモンは引っ越しとともにサヨナラしてしまったので、

市販のレモン果汁で代用しています。




にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク