【志望校がない】という問題→ 偏差値以外で志望校を決めるのに重要な視点が多すぎるのだ!


スポンサーリンク


中学受験生の母親ですが、ひとつ困ったことが。

「志望校が無い。」 という問題


もともと主体性が無い、非常に幼いうちの子。

こちらがドンドン情報提供なり、オープンスクールに行かせない限り、

中学というもののイメージを持たせることは難しいでしょう・・


で。学園祭とかの情報を集めて、「そろそろ見学でも」と思うのですが。

なかなか積極的に行かせたい学校というものがない・・・


結局、子供に6年間を過ごしてもらいたい学校選びの私の条件が

厳しい、ということらしい。(進学するのは子供です。。



私が子供に行ってもらいたい(と勝手に願う)学校の選び方

・通学が比較ラク(ドアtoドアで1時間以内)

・制服がダサくない。

・校舎が辛気臭くない(私立っぽい)

・校則がゆるい(自由)

・出来れば共学

・海外研修旅行などがある


スポンサーリンク


お子さんに、自分のときの反省を生かして、

教育熱心になる親御さんも多いかと思うのですが、

うちもまさにそれ。


私がじぶんの時の学校選びで最も後悔していることは、


「試験当日に初めて学校にいったこと」

そこで初めて確認した、

制服のダサさ&校舎の辛気臭さ。


もう、これに関しては、悔やんでも悔やみきれない・・


第一印象で「イヤだ」と思ったモノに関しては、

在学中もずっと気分を落とすものであり、

それは卒業までずっと尾を引くものである・・

さらに、せっかく私立に行くのであれば、

楽しい海外研修(修学旅行?)なども、気の合ったお友達と行ってもらいたいのですよ。

なんたって、私の時なんか。


中学の修学旅行で泊まった宿(京都)と

高校の修学旅行で泊まった宿(京都)が

全く同じだったのですから! 

(しかも京都生まれなので、しゅっちゅう行っていて
 目新しさがなく、修学旅行で行きたくなかった・・)


でも、母校には良い点もありました。

通学が乗り換えなしで便利だったことや、

共学ならではの面白さ。


さらには、最寄り駅に割と飲食店が豊富で、しょっちゅうお茶したり、

夕飯食べたり。(その後、家に帰ってまた夕飯を食べていたという、驚異の食欲)


校風はゆるい方が良いと思うんですよね。

ある程度、賢い子供たちは、

アホなことをしないので、校則がゆるいことによるトラブルに巻き込まれ心配は

それほどしなくてよいと思いますし・・・


あれこれと考えると、上記の条件を全て満たす学校は、

わが家の立地条件から、1つあるかないか。。。


唯一の1つは 偏差値が高すぎる問題。


そろそろ現実的に狙える志望校を決めなくてはなりません。

成績が悪いと「選択肢が無い」という現実を感じ、

子供の勉強指導に身が入る今日この頃です・・


過去記事:楽しいガッコが良いね~


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~


前月の人気記事 (PV)