【ワーママの二極化について思うこと】全てのママが、フルタイムで働けるわけではないのだから・・


スポンサーリンク


現在は専業主婦ですが、ワーママ9年ほど? やっておりました。

最近、「女性でも男に寄生せずに働くのは当然」の風潮で、

それに関しては、異論はないのですが・・


『ワーママが誰にでも出来ること』

のようにとらえているのがちょっとな・・

と思う時があります。


おそらくワーママ当事者でないとわからない部分として、

ワーママの環境には、雲泥の差がある 


実際に、その環境に恵まれていない人は、

どんなに本人が優秀でやる気があったとしても、

本人とは関係のないところの事情で、

とくに、子供が小学校入学以降は、仕事を続けることは難しいのです。



ワーママ存続可能な環境(子供が小学生を想定)

・日常的にヘルプしてくれる実家が近い(超重要)

・旦那が家事育児に主体性がある(超重要)

・時短、残業規制が制度としてある(超重要)

・通勤時間が短い。

・子供の病気でも、連続して職場を休まないよう預け先が確保されている。

・中学受験は子供に任せるつもり(専業主婦のようなヘルプはしない)

・突発的に休んでも周りがリカバリーしてくれる。


実際に周りを見ても、小学生育児を通り越して長く働いてきたワーママは

上記の好環境に恵まれている方々が多いです。


スポンサーリンク


で・・ 実際にワーママとして働いて来ていて、

意外と、独身女性や、子供のいる&いない男性社員は、

ワーママに対して理解 がありました。

もっと正確にいうと、

ワーママ環境というよく分からないものに対して、

「あ~、なんか忙しくて大変そうだな~。

会社もワーママバックアップ体制だし、制度に従っとくか。」

・・おそらくこんな感じ?だったようなきがします。


と、当時に、他部署の方からはこんな愚痴も聞いたりしたんですよ。


「この前も、ワーママ集団、子供の病気でずっっと休んじゃたから、

全部こっちに仕事が回ってきちゃって、深夜残業になっちゃったよ。

月残業100時間超えだよ~~」


これを聞いて、実は、私は月100時間残業社員の方に同情したのです。


ワーママだからって、何をしても許されるわけではありません。



実際に職場を支えているのは、調整弁にまわってしまう、

ワーママ以外の社員であることを忘れてはならないし、

病気の時には、採算度外視で高額なベビーシッターを雇ってでも

出社しなければならない時があります。


結局、何が重要か、というと、

「この人にこの仕事を割り振った場合、責任をもってやってくれるか?」

それに対して、きちんと答えを出していかなくてはならないことだと思うのです。



もちろん、業務を割り振る時に、ある程度ワーママであることの配慮はあるのでしょうが、

だからといって、締切や責任があるものに対して、すべて子供を優先するならば、

もう、その人に割り振られる業務はないでしょう。




育休明けも仕事をしたい理由のいちばん大きなのは

「いったん離職したら、パートの仕事しかなくなるから」

という金銭的な理由が多いと思います。


そのような理由を抱えつつも、ワーママ集団は、


A: 周りに極力迷惑をかけないよう、サポート確保に奔走し
  仕事に穴をあけないママ


B: 常に子供優先で、仕事を割り振ることが出来ないママ


の2極化になる傾向があるように思えます。


個人的にはBのパターンは、自分はちょっとな・・と思う時がありました。


B社員がいると、その分、「社員が足りている」ということになってしまい、

その分の負担を周りの人の激務でカバーしなくてはならないので・・



権利(正社員の待遇?)を主張するならば、最低限の義務を果たさないと、

もはや、仕事でも何でもないわけですし、Bパターンが主流になってしまうと、

結局、Aパターンのママも同じにみられてしまいます。



女性活用と叫ばれている昨今ですが、

フルタイム前提の働き方には、上記の理由で、限界がきているように思えています。


最近のニュースでは、サービス業を中心に、2,3時間の業務をこなすママが

非常に増えてきているそうです。


子供を優先するならば、現状ではフルタイムワーママというものは

その拘束時間の長さと、実際に小学生の難しさを日々実感している身としては、

非常に難しいものと思っています。


個人的には、正規、非正規の待遇の差を、政府や企業がうめていく方向が

社会全体としては一番フェアで、無理がなく、少子化対策にもなると思うのですが・・


自分で全て抱えるとつぶれる、
それがワーママか・・


ワーママの愚痴・雄叫び多し。



男性の育休半年義務つけ位しないと
育児の大変さはわかないでしょう・・


過去記事:


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

前月の人気記事 (PV)