【国語の成績が上がりました】「必ず糸口があるはず」と信じてやってきた事は結局、複合的なアプローチでした。


スポンサーリンク


子供の国語の成績ですが、かなり底上げされました。

とは言っても元がひどかったので、

国語の取り組みは親の関与も、継続してやっていかなければなりません。


国語の成績は

「精神年齢に見事に比例するため伸ばす事は難しい」

と言われています。


総合力や人生経験がないと文章の内容理解しづらい部分が確かにあると思います。

ですが受験生である以上、点数を取りに行かなくてはならないので、

直接点数に結びつくアプローチはどうやったら良いのだろうかと考え、

たどりついた結論で自分に1番ピンときたのが大学受験の英文解釈のアプローチでした。


国語は日本語なので「文章を論理的に読む」をあまり意識しないかもしれません。

しかしながら、これを外国語の勉強に置き換えたときに初めて「腑に落ちた」のです。


さらに「語彙力」も必要とされる点は、外国語とも共通しています。

ただ、ここでの語彙力とは、外国語→日本語 への変換でなく、

「概念」の認識

こちらは文章の構造理解以前の「中身」に関するものなので、

通常の読書や日常生活で得る以外に、

集中的に補完する作業が必要だと感じました。

以下、私が子供の「読解力」を養うために実施していることです。



1.語彙強化のための取り組み


・塾の授業やテストの文章題を私が一緒に読み合わせする

辞書を引くより親が教えれば時短につながります。

私は語彙を子供に伝える際には、なるべく面白く身近な具体例を示すようにしています。



子供の語彙力を過信してはなりません。

全ての語彙を理解しなくても文章は(推測で)読めますが、

それでも大方の語彙を押さえなければ読解できないのは英文読解と同じ。

そのため「語彙力補強」のために以下のシリーズ進行中です。
(下に行くほどレベルアップ)








うちのは 語彙力アップ1300 1 小学校基礎レベル -  を7月初旬から初めて、

9月上旬にようやく終了。ミシン目で切り離す形式で ↓ 完走できました。

IMG_20170908_105343.jpg



こちらは色々な種類の勉強の中でも比較的頭を使わない種類のもの、

つまり単純な暗記のようなものなので、学校に行く前、

塾の空き時間など、すき間時間にやらせています。

1日2枚を毎日やって、大体3か月ほどかかります。



スポンサーリンク


2.構造理解のための取り組み

・塾の授業やテストの文章題を私が一緒に読み合わせする

塾の勉強効果を最大限生かして欲しいために、

親も塾やテストの国語の文章題の読み合わせに付き合っています。

ここで私がやっているのは、読み合わせしながら、文章の構造を教えること。

文章の構造は、

抽象→具体(もしくはその逆)、補足、理由説明、反復、展開、

否定のあとの肯定、対比・・・等々を繰り返しながら、

筆者の主張を盛り込んでいます。

ですので、文章を読みながら、前後の関係に気を配っていかなければならないのです。

特に、本文にアンダーラインが引かれた「指示語」は文章を読んでいる際に、

どこを指しているか?を明らかにして、手掛かりを残しながら読み進めたいところ。


文章の構造は主張を明らかにするという間接的な目的もさることながら、

設問で突いてくるところなので、

漠然と読み進めないよう、構造を整理しながら読むクセをつけないとなりません。


は、保護者むけ指導教材として、大変読みやすく秀逸です。

こちらは「正しい読み方」のみならず、「正しい設問の読み方」にも触れている良書です。




・構造理解を意識させる問題集の取り組み

わが家でやっていた&やっているのは、



コピーとってやらせてます(もう少しで終了)
IMG_20170911_132038.jpg



レベルをいったん下げて小4のものに着手。(終了しました。)
IMG_20170910_114238_991.jpg



こちらは途中になっておりました。難易度が上がってきたので、

上記の出口式の論理エンジンにいったんレベルダウンしました。

そちらが終了したので、再度、こちらトレーニング3に戻りました。


出口式とふくしま式はどちらも論理に基づくという点で、根本は同じ。

(ふくしま式の方が「筋トレ」、出口式は「試合」に近いイメージです)






3.実際にテストの点に結びつけるための取り組み


・塾の授業やテストの文章題を私が一緒に設問を確認する。

文章が大体読めても、設問で誤解していてはしょうがありません。

子供のミスでありがちなのは、

・消去法でしぼりこまない。

・ある程度、答えの概念を出してから探す、ということをしない。

・文章に書いていないことを選ぶ。

・答の明確な根拠を持たずに《なんとなく》やってしまう。


≪答を詰める≫という作業を意識せずして国語のテストの成績をあげるなど

考えてはなりません。


国語の良い点は「いったんやり方の型」をつけてしまえば、

社会や算数などの科目と異なり 初見でも点がとれる。


実は塾によって指導の差があるのが『国語』という科目。

コミニュケーションの科目である限り、適切な指導による緻密なコミニュケーションこそが

成績を上げるポイントのように思えます。


成績の伸びしろがありそうな場合は、家庭学習に注力してみてはいかがでしょうか?





情報を探すのも母の仕事(内容は日々アップデートされます)
過去記事:実際にやっている、勉強関係の記事です。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

前月の人気記事 (PV)