いやな夏休みの宿題NO.1【読書感想文】は実は感想文ではない!入選者に共通する「あること」とは??


スポンサーリンク


ポポ子の夏休みの宿題は終わりました。
現在は数学と英語の特訓してます。
プリ子は疲労困憊気味で、本日ブログの新規更新はお休みさせて頂きます・・・
(以下は過去記事メンテナンスしたものです)


子供の頃、いちばん嫌いだった夏休みの宿題。

それは・・「読書感想文」

プリントとかは、その場でバーとやれば終わるけど、

読書感想文は、

「読書」する時間、何を書くか考える時間、書き出す時間、直す時間・・

めんどくさい・・キライ!!

そんな感じなので、いつも「やっつけ」で仕上げる感じ?


そんな自分史が終わったら、

今度子供の世代で「読書感想文」問題にぶつかるのだった。



だけど今や、なんでもネットで調べられる時代。


以下、プロ(?)が教える


「何を書けばよいかわからない」人のための、読書感想文書き方


・なぜ、その本を選んだのか?

・あらすじをまとめる

・好きな言葉、場面。

・読んでいる最中のエピソート。



こんなのもあるのね・・

スポンサーリンク


ご覧になって「あれ?」と思われた方もいらっしゃることでしょう・・

読書感想文は「感想」で原稿をうめるんじゃないんですよね~

はっきりいって、うめるだけなら、「あらすじ」だけで

原稿用紙1枚はうめられるのではないでしょうかね??


んでもって、「読んている時のエピソート」って、

「読んでいたら涙が止まらなくって、読むのに5日間もかかってしまいました」

とか、本の内容と関係ないじゃん??



で、読書感想文入選者の文章を読んで、ある共通点=必ず入っている項目、

に気がついてしまいました。


それは、「書き手の(完全な)実体験」

それも、かなりのボリュームで、

本書の感想から完全に「別展開」しちゃってる感じよ。


審査員はたぶん、

書き手の 思考の広がり(=展開力) を見たいんでしょう。

そういった意味で、読書の媒体は「対象」というより「きっかけ」

に過ぎない感じさえするんですよ。


賞を目指さなければ、あらすじとエピソートと、印象をさっと書けば、

枚数は満たせるでしょう。


賞を目指すのであれば、原稿用紙にいきなり書き出す前に、

関連付けられる「体験」を思い出してみるとよいかもしれません。



マンガだったらいくらでも書けるのだけど。



「中学受験をわらう」
ここで出てくる「リボンちゃん」が
ポポ子のキャラそっくりで本当にびっくりした・・


投資・節約のワザが豊富です。

随時更新される

過去記事:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク