【ママ塾でやってやることパート2】頭の良い子が当たり前にやっている効率的な学習アプローチとは?


スポンサーリンク




受験は「時間の有効利用」出来たものが勝つ仕組みになっています。

勉強時間(量) × 学習内容(質) =学力

質の部分を上げるために、保護者の関与も必須でしょう。




効率的な学習内容を選択する

「頭が良い子」と「そうではない子」の違いは、

学習前に「効率的な学習方法を常に吟味しているか?」(=要領の良さ)

の違いのように思います。

そう、無駄に時間だけかけるのは利口とは言えません。


~ 頭の良い子は当たり前にやっている、要領のよい学習アプローチ ~

・テスト前でなければトレーニング項目に時間をかけ、テスト前は暗記科目へ

・テストの結果や親の観察により『苦手』とみられるものは、単元毎に優先的につぶす。

・教材が複数ある場合、「良問」「頻出」問題を選択する。

・効率的な教材があれば、そっちだけやる。

・忘却曲線の仕組みを理解し、それに逆らった方法で暗記科目に取り組む。etc...


効率性の具体的な方法は山のようにありますね・・


スポンサーリンク


私が日頃、気をつけているのは、

「ギリギリできる」問題を選択してやらせること。

出来ない問題をつぶすのが学習の基本なのですが、

筋力がない状態で、いきなり難問をやらせるのは非効率なので、いったん先送りします。


「筋力」に相当するのは「理論を当てはめて解けるか?」

ということなので、基本問題を何回かやらせ、自力で解ける(=感覚的になるまで)

ことが確認できた時点で、「応用問題」に移行します


応用問題で重要なことは、「理論という幹」を見失わないで、

設定条件が複雑になっても解き続けられるか?


それには、基本問題ばかりじゃダメですし、基本問題を理解しないのもダメ。

応用力をつけるためにも、ひねりのない良問がある問題集が良いです。


家では算数に関しては塾のテキストをコピー取ってやらせていますが、

唯一算数の市販教材で持っているのは



この問題集は

「それぞれの理論をおさえ」を「わかりやすく図解」している点が優れています。

図に書いて教える時の「切り口」として、参考にしています。

IMG_20170811_095237_390 - コピー.jpg

一見すると簡単そうですが、

応用問題で、きちんと思い出して、この理論を展開できるでしょうか?


IMG_20170811_095318_862 - コピー.jpg

「何をもとにするか」は最も重要な観点です。

「もとにするものが1」とは限らないことが、問題を複雑にするので・・




IMG_20170811_095251_971 - コピー.jpg

「速さ」の基本ですね~ 「追いつくパターン」と「出会うパターン」

ちょっと複雑な応用でも、この考え方はベースです。



更に、効率的な学習のペースメーカーとして「テスト=模試」も活用しています

あらかじめ範囲が決まっているので、そこをいったんのターゲットとして、

「単元を集中的につぶす」きっかけ、になります。


算数など、すべてをカバーする時間がない時は、

子供に「解法を説明させるだけ」のアプローチで、

出来ない問題を洗い出して、そこを重点的にカバーするなどもします。


時間があれば、計算もぜ~んぶやった方がいいに決まっていますが、

そんな時間ないって場合は、とにかく「解き方が分かっていれば」

計算はミスしなければ、とりあえず解けるということで整理します。


あとは、「新単元は日を置かずに、復習」

も効率的な学習には欠かせません。


だから、うちでは「塾の復習、宿題」がなによりも優先されます。


新規単元は

塾での板書の含む指導 → 家での復習・宿題 → (塾で再度まとめ)

「塾でまとめ」がない場合、家でそれだけ取り出しで復習することもあります。



算数を分かり易く教えるためのノウハウ集。
国語のノウハウも欲しい!!


「図解が自分でできるようになる」
ために教えることかな?



過去記事:







にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

前月の人気記事 (PV)