【夏期講習突入!】日々の家庭学習スケジュールはこんな感じ。勉強は時間じゃなく【精度】です!!


スポンサーリンク


小5の夏期講習。

小5で入塾したんで、差をつけるにはこのタイミング(長期休暇)が大事。

夏期講習のスケジュールですが、

いったん走らせてみないと、どれだけ学習を組み込めるのか分からなかったので

やって見たところ・・・ だいたい以下の通りです。



≪講習がある日の1日≫

7時起床&ごはん


8時半 塾へ行く

13時45分帰宅 お昼ごはん

・4教科の復習と宿題

19時 夜ご飯 お風呂

20時~

・4教科の復習と宿題のつづき


・本日の課題(私が決めたもの)


23時前後 就寝


一見、すごくたくさんやっているように見えるでしょうが、

途中の休憩時間は適宜取っております。

(集中力が切れかけたらこまめに休憩取らないと、学習内容に穴が開いちゃうので)



うちの子のペースはめちゃめちゃ遅いというのがあり、

学習において「ペースが遅い」はかなりのハンデ。

(遅いと、演習量がこなせないから)


時間の割に、こなせていないのを実感しています。

スポンサーリンク

一番効率的なアプローチは、

≪塾の授業を集中して聞く≫

これが前提だと思うので、

子供にはしつこく

『塾の授業をしっかりと聞けば、家でやる分が少なくなるよ』

塾の中では私の働きかけは及ばないので、

この日々の声掛けくらいですね。効果があるか疑問ですが・・



授業中に出来なかった部分をすぐ見つけるために、


を子供に持たせ、押しておくように言っています。


A:出来るところは、やらない。

B:出来ないところは、やる。

C:今、出来ない難しすぎるところは、やらない。


家でときなおしするのは、Bのみ。


C問題は、いったん先送りします。

C問題は出来るタイミングは B問題がスムーズに解けた後、

時間をまとまって取れるときに、集中して教えます。


宿題に関しては、全部やらせています。

簡単な計算問題も、ミスを誘発するような解き方は

その計算過程において、その場で厳しく指摘します。


残念ながら、小5入塾の後発組は、

上記アプローチでも不十分と感じています。


そこで、テスト前対策として、親ができる効率的な勉強を実践します。


~~具体的には、学習手段の選別の徹底~~

・暗記項目はノートによるインプット。

・問題演習でしか学習できないものは、良問を選別し、要点を確認させる。


小5のこの時期は、範囲も膨大で、

少なくとも『全く手を付けない』のはNG

植物・昆虫などは、カラーの暗記ノートで『要点』を踏まえながら暗記。


てこ、ふりこなどは、算数のアプローチ的に演習問題を解かせるけど、

解法アプローチも確認。


いずれにしても、テストで点を取るために、

何を見るべきか=要点

これを常に意識しない勉強は、ぐぐっと効率が落ちます。


学習の際には、要点を踏まえて確認しているか、子供の横で

確認及び示すようにしていますが、これが出来るのも、

子供がいないときにざっと問題を見ていて、

出題者の意図を把握しているからです。



このサイトも貴重な情報源。





にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

前月の人気記事 (PV)