スパルタ体育会系【早稲アカ】の説明会に参加し、入塾を諦めた理由。


スポンサーリンク


うちのポポ子ですが

保育園出身の割には幼く、しっかりしているとは対極にいて、

小学校低学年の頃は、テストで0点取ってきたり、

作文がかけなかったり、時計が読めなかったり(今でも時間の感覚がない)

そんな感じだったので、

とても中学受験向けの塾に入れる感じではなかったのです。



で・・小4に入る前に、某所の入塾テストに実際に落ちてしまったので

通信教育でしばらくの間、基本的な学力の向上を図ろうと思ったのだけど、

Z会の教材が難しずぎて、

結局、消化不良となり、やっぱりフツーに塾に入れた方がいいね、ってことで

入塾テストに落ちるという概念がない早稲アカの説明会に参加したのだった


早稲田アカデミー・・熱血指導の体育会系の塾。

のんびりしているポポ子にハッパをかける分にはいいかも?

と思っていたのですが。



早稲アカの先生

『生徒が授業に集中できないのは講師が悪いです!』

という、熱いお言葉から始まり、いかに早稲アカの先生の指導が上手か、を聞かされ・・




志望校はどこですか? と聞かれたので、とりあえず家の近所の学校名をあげたところ

早稲アカの先生

『そんな(低い)レベルでなくて、もっと上を目指せますよ!!」

と言われ・・(ポポ子の当時の学力聞いたら納得すると思うが)


スポンサーリンク


塾の拘束時間が異常に長いのが気になったのだけど


稲アカの先生

『これくらいの時間でも足りないくらいです!』


更には

稲アカの先生

『中学受験の問題は難しすぎてお母さん方は絶対教えられませんから、
教えようと思わないで下さい』





なんかちょっと・・・ すべて断言しちゃっているのが????


我が家が塾に求めるものと違う、と思い、

現在の塾に入塾することに決めたのだった。




たしかに、早稲アカの先生のおっしゃることは間違ってはいない。


学習量の確保は小5の時点では大事だし、

上を目指すことも、時間があればできるだろう。

更には、一般的なお母さんは中学受験の勉強を教えられない、

といった意味で上記の発言をしたのだろう。


だけど、私は最近の算数の過去問を見た限りではほとんど解けるので

この限りではないし、

塾には飽きるほど通っていた身なので

家庭での復習時間の確保こそが、命運を分けることを痛感している。


何よりも自分が小6当時、

算数の問題の分からないところを母親に聞いてもらちがあかず、

塾の先生をつかまえるのにも苦労した経験から

実際の塾は生徒1人1人に対しきめ細かく対応できないことを知っている。

(それを求めるなら家庭教師を雇うべき)


なので、いざ自分の子供が分からないところに遭遇したら

適宜自分が教えて疑問点を解消する事が

算数の学力を効率的に引き上げることにつながると思っている。

(だから現在、家庭学習において問題点を都度解消する取り組みをしている )




塾にお任せ、というのは私が子供時代の話だ。

なぜなら、最近はそう言った子供時代を経た「勉強を知っている」世代は

すでに受験生の母親となっているからだ。



そう言った母親は、勉強を『時間』で測らない。

あくまで勉強は『質』と『要領』と『効率性』と『優先順位』

なのだと分かっているので、

塾に完全にコミットすることは決してしない。



集団授業でざざっと説明した後、自分のものにするかどうかは

各自の家庭の取り組みにかかっている。


それぞれ子供によって、吸収の土台は違うし、

分野によっても得意、不得意も異なるのだから、

その部分を網羅的に洗い出して家庭学習に落としこめれば

大きな力となる。


そのためには『ある程度の時間』と『適切な勉強方法』が求められるのだが、

塾の時間が長すぎて家庭学習できないことや、

適切な方法で勉強しているか指導できる大人の目がない、

というのは、それらの阻害要因となる。



中学受験は、高校受験や大学受験と比較して、

夏期講習における拘束時間が圧倒的に長い。


これは『小学生の場合はやり方のまずい家庭学習より塾で勉強した方が無難』という意図と

塾側の経営上の便宜が見事にマッチした形となっているように思える。


最近は、家庭学習がキチンと確立しているご家庭が散見され、

一部、講習の『間引き』を選択する傾向がみられる。


あくまでこれは優先順位の問題であって、

特につぶす必要性のあるものがなければ、講習参加でよいと思うけど、

たいていは過去の試験結果の分析などから

消化不良のものがあったりするわけだ。


このような場合は、やっぱり講習はよく吟味して参加すべきと思う。

目的が絞れない勉強は効果がうすれるからだ。



現在小5の夏休み目前である。講習のカリキュラムをいち早く入手して

どの科目を優先するか考えてみた。

算数は単元がどんどん進んでしまうが、他の教科は完全に復習体制となっている。


このことから、算数の既習事項で取りこぼしまくっているものを

講習前までに穴がないように優先的に勉強させている。


いざ講習が始まると、新出事項をやることに手一杯、ということが予想されるからだ。



本当は社会も理科も穴だらけなのだけど、

『あれもこれも』やろうとすると、結局なにもできなくなるだろう。


なので、理社は講習をしっかり聞いてくるように言い聞かせ、

穴があるところは、講習のカリキュラムに従って、『そのタイミング』

でうめていく他ない。


悩ましいのは『塾の国語の文章題のアプローチ』である。


英文解釈にも言えることだけど、

『読解ルール』を無視した読解は、勉強面での効果がほとんどない。


設問に対する答えを導き出す読み方を早く身につけさせるために、

国語の『文章題の読み方』だけは、解法視点の伝授という目的で

予習の場に立会い、教える必要があると思っている。




塾は便利だけど、盲信はしない。
だって、本当に子供のために考えているのは親しかいないから。



学習のヒントが多くあるブログが多いです。



過去記事:



にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

前月の人気記事 (PV)