塾のクラスアップ初日の授業をきっかけに、いろいろなことがわかってしまった件。


スポンサーリンク


こどもが塾のクラスが変わり、「ついてきて~」と頼まれたのでついていった。

塾というのは大量の情報がある場所だ。

私は塾に立ち寄ったついでに閲覧してもよい「学校の過去問集」を見ることが多い。

結局これらが解ければ良いので、志望校が明確ならば、

それらの問題のクセをいち早く理解して、子供の日々の勉強に対する方向性を

明確にした方が良いと思う。


入試問題は、その学校が「求める生徒の特長」というのが色濃く出ているな~と感じる。

特に最近の難関校の傾向として顕著なのは

社会が得意な子には来てもらいたくない

という点。思考力のある子供に来て欲しいからで、

暗記が得意な子供は要らないというのがその理由。


灘中はそもそも社会が受験科目にないし、

あの桜陰中は「社会が得意な子」をあえて排除する入試問題を作成している。

桜陰出身の子は国語が得意だった印象が強いので、

論理的な思考ができる子供が入学できるのかな~と、勝手に想像したけど

遠からず、ということなのかも。


上記の2校の大学理系の進学率の良さを見るにつけ、

学校側も良く考えているな~と実感するのである。

スポンサーリンク

さて、新しいクラスの授業から帰ってきた子供の授業ノートをみた。

やっている課題が全然違う・・

何やら新しい別教材を買い求める必要があるらしく、

塾の先生に電話したところ・・


普通クラスの先生
「応用力をつけるために、初見の問題でどれだけ考え、
解法を引き出すことができるか? という力を育てたいのです。
ですので、テキスト以外のオリジナル問題をやってもらっています。」


どうやら、この塾はクラスごとにやる問題の範囲がかなり異なるようです。

標準クラスは応用力をつけるため、

それに対応する問題を重点的にピックアップする方向で

そのためのオリジナルテキストも科目によって必要だとのこと。



今まで娘のテストの内容をみて、

「こんなの授業でやったっけ?」

みたいなのが結構出ていたのだけど、なるほどそういうことか・・

クラスによってカバーする範囲までもが違うとは!


私はこの件で、この塾を改めて見直してしまった。


ビリクラスは徹底的に基礎の問題をやらせていたけど、

あれはあれで意味があったと思う。

先生の指示通り、そこを重点的にやったらかなり子供の学力が伸びたのを感じたので・・


今度のステージでは、理屈をもとに「応用力」をつけるとのこと。

今回も塾の課題をきっちりと身につけさせるよう、

こちらも手間暇惜しまず、指導していきたいと誓ったのでした。


ちなみにこの塾、クラスごとに先生の裁量が大きい。

成績優秀者名簿を見ると上位を独占している子供たちが

同じ教室の子で占めているのだ。(そんなにメジャーな教室でないのがミソ)

よほど教え方が上手い優秀な先生がいるとみた。




勉強の仕方教えたり、内容を教えたり、
暗記確認したり、出来ないとこの洗い出ししたり・・
受験生のママも大変よ~

過去記事:うげっっ・・となるほど、勉強漬けの日々が始まってます。

中学受験塾【初めの試験終了】子どもより私が疲れました(試験対策してたので)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

前月の人気記事 (PV)