「投資が上手いな」と思う人の【ある共通点】を挙げてみた。


スポンサーリンク


私も参考にしているブログがいくつかあります。


そのうちの「投資」をテーマにしているブログを拝見している際に、

どのような状況でも利益を積み上げている人には

いくつかの共通点があることに気がつきました。



日本株以外にも投資している

最近、バンガードやブラックロック、ステートストリートのETFを購入する

日本人が増えているようです。

信託報酬は激安、利回りはよく、資産規模も大きく、指値が可能・・

・・と、個別銘柄の株式のリスクをカバーする分散投資が、

ETFという使い勝手がよい金融商品であるわけですから

使わない手はないはずなのですが・・・・?

まだまだ日本株のみ、って方が大部分なのが不思議です。






株主優待のクロス取引も積極的

投資が上手な方は、投資のあらゆる局面で「利」を出すのに長けているようで・・

例えば「株主優待のタダ取り」

現物買いと信用売りを同時に権利日に出して

優待をいただくという戦法、


もちろん、売買コストはかかるものの、それを上回る優待相当を計算してのことです。

私は信用取引が怖くて、いまだにできませんし、

優待相当>コスト の見積もりや、信用売りの株式を前もってチェックする方法が

苦手で未だにできておりません・・




IPOもたまに参加

投資上級者は、IPOの機会も見逃さないようで、

郵政などの大型IPOはしっかり分配をおさえて、

確実な初値売りで利益を確定させています。



IPOって実際にやってみると、なかなか当選しないので

ブックビルディングも面倒に思えてくるのですが、

ここをキチンと管理して、当選の機会を最大化しているようです。





コモディティや外貨やインデックスの積立をやっている

投資スタイルも色々ですが、どんな局面でも利益を積み上げている人は、

投資対象も広いです。

インデックス系、コモディティー、FX, 当然ながら外貨預金も。

これらを購入する投資家に共通する視点は「長期運用」

「大局的に」見ると、何かしら、安値で拾える商品が存在するってことらしいです。








スポンサーリンク


常に何かしらの「指値」を入れている

わたしが長年参考にさせて頂いている方は、まさにこのパターン。

株価の急落に備え、鉄板銘柄(=超優良銘柄)をかなり下で指値をいれているようです。

近年、海外情勢により、1日(≒一晩)で大幅下落する局面が見られました。

こういった時に何かしらの「買い指値注文」を入れておくと

いつのまにか安値で買えたりします。

さらには、急激すぎる上昇に備え、「売却の指値」を入れている場合も。


当たり前ですが、売却して初めて利益を手中に収めることができますし、

同時に次のチャンスのための「キャッシュ」が戻ってくるのですから

王道すぎる投資方法と思えます。






インカムゲインも狙える銘柄もいれている。

投資上級者は、配当利回りも無視しません。

やはりある程度「株を保有するだけでもらえる配当金」も

しっかし手中におさめているようです。


配当利回りがよい株は、大幅下落は起きにくく、下値も限定されますしね~





セゾン投信を過大評価していない

私は最近、セゾン投信(バンガードの方)を解約しました。

他のインデックスファンドや、マザーファンドであるバンガードと比べて、

投資妙味が少ないことに気がついたからです。


解約時に手数料も取られましたが、

最近、解約の手数料を取る投信が減る傾向にあるのを感じているので、

これもまた、セゾン投信の弱いところであると認識しています。


投資上級者とおぼしきブログを拝見すると、セゾン投信には入っておらず、

初めから似たようなインデックスファンドをより低コストで組んでいたり、

直接バンガードを買い付けする傾向が見られます。


比較軸があると、

「セゾン投信は特に良い金融商品ではない」ということに気がつくのでしょう。

私は最近になってようやく気がつきましたが・・









時価評価を冷静に受け止め、キャッシュポジションを一定にしている

企業会計とは異なり、家計の金融資産を「時価」のみの評価に頼るのは

少々危険、と感じています。


家計の場合、いつどれくらいのお金を使うかが、おおよそ分かっており、

その時点でその金額が保証されないと

人生設計が大幅に狂います。


たまに、キャシュポジションがほとんどないのに、

「これだけ金融資産あります」的な記事を拝見しますが、

おそらくこの方のアタマの中には、

それらの金融資産は「未来にむかって増え続け、減るものではない」

との考えがあるのでしょう。

確かに今から50年後くらいはそうかもしれませんが、

その間、アップダウンを繰り返しながら、そのような株価を形成するのであれば、

本当に必要な時に、今の時価より高い保証は一切ありません。


特に、歴史的に債券高、株高と言われている昨今の金融市場に対する評価に

ある程度耳を傾けていれば、

唯一時価が変動せず、急落時に購入することができる「キャッシュポジション」

という「最大の守り」を軽視しないはずです。



投資スタイルも本当に色々ですが、

「守り」のスタンスもある程度置いておかないと、

金融市場が軟調な時期が長期化すると、

本当に何も「打つ手(=利益のソース)」がゼロになりかねませんし、

本当に投資がうまい人はこのような逆境の中、

いかにうまく守りに入れるか? というスタンスを持っているように思えます。


投資上級者は、節税意識やコスト意識も高いことが伺えるので

今後もこういった方々のブログを参考に、金融市場を注視していきたいです。





資金拘束はイタイですが、
将来の年金制度を思うと、
ある程度積立した方が良いと思っています。





過去記事:






にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク