ありえない?塾のテスト結果出ました【たったの1か月で偏差値2桁アップ!!】これにより私が肝に命じたこととは?


スポンサーリンク


先週末の塾の模試が返ってきた。



子供は2月に入塾し、

4月の春期講習後に初めて塾のテストというものを受けたものの

あまりにもひどい状況だったので

母親である私が『子供の勉強に全責任を持つ』と腹をくくり

内容に踏み込み始めたのだった。



その後、2回目の5月中旬のテストも似たような成績で、

旦那に「お前の教え方が悪い」と非難され、心が折れそうになったものの

その後も粛々と学習を見続け & どこまでも戻って教え続け…



そして先週末の塾のテスト。


たったの1か月で

4科目(国・算・理・社)の偏差値「11」アップ!

2科目(国・算)の偏差値に至っては「13」アップしたぞ!!


なぜこんなに成績が上がったか?

それは・・・


「以前がひどすぎたから・・・?」


スポンサーリンク


時間がない中、かなり戦略立てて、

学習内容の優先順位の検討や、学習効率の良い方法を実践するといった手段にて

勉強や試験に精通している大人がコントロールしているわけだから、

実を言うと、狙った通りの結果であります。



ただ、子供本人の目線でみようとするならば、すごい成長だと思うし、

私の厳しいやり方によくついていったと思う。


「成績が伸びるということ」は 

「努力した行動がキチンと結果として出てくるものだ」という事実を

当の本人に納得させるもっとも良い手段、と思う。

だから私は、とにかく点が取れる勉強を優先させたのだった。


見た目の「成績が伸びる」は

「努力は正」であることを強力に体感させることであり、

本人に自信を与え、更なるモチベーションを与えるもの。


私は今回のテストの件で、子供を手放しに褒めまくった。


「ポポ子~あなた、この前まで出来なかった雨温図の読み取りが

今回できているわ! 社会、得意科目になるんじゃない?

算数の計算も、すごく早くなってきたわ。

国語の漢字もきれいにかけているわ~」


上記の褒め殺しの内容はウソではないものの、

実際の私は、テストの事後採点をした結果判明した

今後の課題(=現在の弱点)にアタマがいってしまっている。

そのような弱点を認識しつつも、私は子供には褒めることを優先する。


なぜならば、勉強というのは

出来る者が更に差をつけながら出来続けるという

非情過ぎるほどの「勝者常勝」の法則がある。

よほどの手段を講じない限り、下克上は無理なのだ。



出来る子供は「最善の勉強方法が早期に確立されている」

というのも要因のひとつであるが、

「勉強ができる」という「脳内快楽物質」は

過酷な勉強生活において麻酔の働きをする(と私は思っている)

そのような麻酔 (麻薬?) 常用者はこの麻酔を手放すことに

最大の恐怖を感じるため、是が非でも食らいついて勉強するのだ。



だから私は子供単独ではできないほどの手段にて

成績を早期に上げることに全力を傾けたのだった。


だがその影響で、テスト範囲ではない直前の塾の学習範囲の勉強がおろそかになり

そのしわ寄せは、次回のテストまでに解消しなくてはならない羽目になった。


次回は7月末にテストがあるが、範囲が広いためかなり苦戦すると思う。

以前の取りこぼしが山のようにあるので、

この辺りを、粛々とつぶしこみ作業に入らないと

今度は大幅な成績の下落になるだろう。


子供には勉強に自信を持ってもらいたい。

なぜならば、実際に算数など難問は「私はできる」と思って挑むと

本当に解けてしまうものなのだ。



なので、今回のテストの結果は褒めまくっておいたが、

これは自信を持って臨んでもらうための「演出」である。


それならば尚更、親は頭を冷静にし、弱点のほうに目を向けなくてはならない。

取りこぼしした内容をどう解消するかを、今後の布石にしたいと思う。



過去記事:
「甘やかす」と「甘えさす 」の違い。難しいこの違いを意識し、日々格闘中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

前月の人気記事 (PV)