【ママ塾ー算数編】成績が超優秀でないのならば、まず子供が言う「勉強やってる」の方法を疑ってください。


スポンサーリンク



「勉強を教える」について、算数のアプローチは、親の忍耐力が試されます。



普通の子供はわからない問題があった場合、

解説を見て解き方を覚え、

「どうやったら1人で1からできるようになるか?」を何度も再現するはず…



ですがうちの子供の場合。


まず1人でやらせてみて、その側でママが観察します。

雑な計算方法や計算過程が多い場合、すかさずママチェック入ります

さらには、子供が詰まった場合、どこで詰まるのか詳細に見極めます。

そして数字の理論をその場で説明し、解き方のポイントを示します。


でもまだまだ解いて見せたりはしません。

自分でできるかどうかを見極めたいからです。


それで全く進まないようであれば、解き方を教えます。

そこでの反応もその都度その都度確認します。


何やらさっぱりわからないようであれば、どこまでもどこまでも戻って説明します。

おそらく小学校2年位の概念のところまで遡ります。

例えば「割り算って何。」的なとこまでです。


あまりにも反応が悪い場合は、一旦基礎で止めます。

そのかわりそこを何度も何度も説明します。

説明して目の前で解き方を教える。

そして書いたものをその場で丸めてポイっと捨てます。




白紙の紙を出して、子供にこう言います。

「さぁ自分で1から解いてみて。」


「自分でできる」と言ったらその場を離れます。

できなさそうだったら、少しずつヒントを与え自分で書かせるようにします。




スポンサーリンク

このようにやらせていくと、大体得意な分野、不得意な分野に分かれて行きます。

そして不得意分野は、同じ問題を日を改めて繰り返します。


大事な事は、 1人でもできることをパスし、難しすぎるところは後回しにし、

もう少し演習が必要、と思う分野を細かく見極め、

そこを集中的に。何度も何度も根気よく説明することです。



回数を重ねていくうちに「慣れ」と言うものが

子供の学習を後押しするのを感じるようになります。


算数の文章題はある意味国語力が必要で、

「都度、イメージする」訓練が必要と感じます。


算数は子供にとっては「解けると面白い科目」です。

ですが「自分で解説を読んで理解する」と言う 1連の行為でわからなかった場合

その子供にとって大きな壁と感じてしまい苦手意識を育ててしまう傾向があります。


その苦手意識を植え付ける前に、「解ける問題である」と印象づけるのが

私の役割でもありますし、何よりもかなりの時短つながります。


ママ塾も科目によって役割が少々異なります。

この算数と言う科目に関しては、

・全くわからない場合は道筋を教える。

・がんばってできそうだったら、いったんその場を離れて考える力を引き出す。

・途中で頓挫しそうになったら、今やっている事が道筋にあるのかどうか、
 それとも完全脱線してるのか気がつかせる。

・そして完全に手詰まったら、解法ポイントを教える。

・それでもできなかったら、解き方を目の前で再現する。

・やってる事の概念すら分からない場合、どこまでもさかのぼって絵を書いたりし
 理解してもらうよう努める。


とにかく子供を算数の迷路にはまらないよう、常に灯りをともしておく事が

算数に対する苦手意識をつけずに自分から解くようにさせる最短の道と思っています。



算数を分かり易く教えるためのノウハウ集。
国語のノウハウも欲しい!!


「図解が自分でできるようになる」
ために教えることかな?



過去記事:








にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~



前月の人気記事 (PV)