【セゾン投信。全額解約しました】「2年運用して売却益こんだけ?私はこっちに乗り換えます。」


スポンサーリンク



セゾン投信のうちの「セゾングローバルファンド」を2年程度

積立運用していましたが・・


前回記事にした理由(コスト)にて、

数か月前に定期積立を停止し、

今週に入り、セゾングローバルファンドを全額解約しました。


過去記事:




セゾン投信解約 - コピー.jpg


上記の写真は、解約時のもので、概算になります。

これに信託財産留保額(解約ペナルティ)が控除されるので

手元資金はもっと少なくなります。


セゾングローバルファンドは債券と株式のバランスファンドで、


ここ5年あたりの債券高と株高を反映し、

一見すると高い運用益を出している見せ方ですが、

実際、直近2年の成績は上記のとおりで、数パーセント程度の運用益・・・

(少額投資で本当によかった、、) 



スポンサーリンク



私は、他のより低コストのインデックス積立投信や、

高コストでも抜群の運用益をあげているひふみプラス、

さらには、超低コストで史上最大規模のバンガードETFなどを持っています。


それらと比較すると、

セゾングローバルファンドの成績の劣りは、

「パッシブ運用でありながら、高手数料に原因がある」

という結論に達せざるを得ないです。

私の持ってる投資信託では1番悪い成績なので。。


ですので、セゾンは全額解約し、キャッシュとして他の投資資金に充てます。

私は個別銘柄も売買していますが、この資金は投信の方へ・・

投信については、以下の基準で投資先や手段を実践します。



①WHAT どの商品?


長期積立では:各種の低コストインデックスファンド

長期でスポット売買:バンガード及びスパイダーなどのETF

短中期では:アクティブファンドのひふみ投信



過去記事:上記商品の詳細です

   







②WHERE どこで運用する?

・iDeCo → 分散&低コストのインデックスファンド
・自分のNISA口座→海外ETF(バンガード、スパイダーなど)のスポット
・J-NISA → ひふみプラス積立(ただし、長期で見ていない)





個別銘柄は、リスクがあるので特定口座で運用中です。

上記の 税制上有利な口座は、完全に「守り」の運用商品で固めます。






③How どのように買い付ける?

まず、こどものJ-NISAはひふみプラスの定額積立です。

私側では「ほったらかし」です。


これはひふみ投信側で、

随時「キャッシュポジションを調整している」というやり方に対し、

一定の信頼を置いているからです。


ひふみ投信は流入金額を全額買い付けするのではなく、

下がったタイミングでリザーブしているキャッシュで多額に買い付ける、

といった手法をとっているため、

こちらでリザーブポジションを心配する必要がありません。



また海外ETFは、かなり下値で買い付けの指値注文を随時入れています。

このような買い付けだと、かなりの高確率で評価益を保有したまま

利金をもらい続けることができます。


イデコでは、前回記事にした、バリュー平均法を実施します。






私のイデコの口座はSBI証券ですが、

バリュー平均法を適用する商品としては、

複数商品の組み合わせの運用を適用することになりそうです。


イデコの投資は超長期で考えており、

最初の運用方針を遵守する必要があるので、

投資先は初期段階で慎重に見極めるのが必須です。


バンガードVTのような適当な商品がないんですよね~

「先進国株式」だと、半分がアメリカ、とかになってしまうし・・


そのあたりでキチンと自分の腑に落ちないと、10年スパンでいけない気がします。


関連記事:




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村
アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
(/o^)/ コリャリャ~

前月の人気記事 (PV)