公文と中学受験塾に通う子供の【1週間のスケジュール】はこんな感じです。


スポンサーリンク


週3回の塾と、週1回の公文に通っています。

公文は本来週2階ですが、塾の負担が多いので、週1で量を少なくやらせてます。

公文を続けているのは本人の意思で、

中学受験の塾に通わせているのは、親の意思です。


最近の子供のスケジュールは、以下のような感じです。

(ピンク字は塾と公文に行っている時間)



月曜日:4時頃帰宅。学校の宿題をやったあと、塾の勉強。夕飯お風呂の後、また塾の勉強

火曜日:帰宅後、すぐに塾。8時頃帰宅。夕飯お風呂後、塾の宿題。9時半~10時就寝

水曜日:帰宅後、塾の宿題の続き。さらに塾でやってない部分の問題もやる。

木曜日:帰宅後、すぐに塾。8時頃帰宅。夕飯お風呂後、塾の宿題。9時半~10時就寝

スポンサーリンク


金曜日:帰宅後、公文に行く。帰宅後、塾の勉強


土曜日:朝ごはんの後、公文の宿題。塾の勉強。3時頃、塾に行く

帰宅後、塾の宿題(復習)


日曜日:朝ごはんの後、公文の宿題。塾の勉強。お昼ご飯後、塾の勉強。

夕飯後は、勉強なし。




上記の「塾の勉強」ですが・・

①授業で聞いてきたことの復習及び宿題(当日もしくは次の日までにやる)

②過去の学習内容の復習(ノートに書き込んだりしながら)

③塾指定の毎日やるトレーニング(簡単な計算とか、国語の漢字とか)


私は③以外は、全て横にいてチェックします。

チェックのポイントですが、


① 出来ていないところの把握

②① の解消方法を内容に分けて説明したり、その場で理解確認したり。


暗記科目の基本は「問題演習とノートの作り込みと確認」のぐるぐる作業!!


ノートの作り込みをする意味は、

・自分で作ることで絶対覚えなきゃいけない意識を持たせる

・それを問題演習や、単独で暗記、親の質問づくりなどに生かすことで
 暗記効率が高まる

このような感じです。


過去記事:


FF3759DA-2B31-4238-A781-497102EBB354.jpg

要は、自分が昔やっていた勉強法を、子供の家庭学習に導入して

学習内容の定着を図っているのです。


小5からの通塾はやっぱり遅かったようで、

当分気を緩めずに頑張りたいと思います




過去記事:



中学受験の成績アップ法、おすすめ本の情報はこちらを参考にしています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村
アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク