【平均6千万円の住宅街】にある小学校の「中学受験率」と「習いごと事情」について。


スポンサーリンク



小5から中学受験の塾に通い出したポポ子。

いつものように、最寄りの駅にお迎えに行くと、

保育園時代からの幼なじみで、塾も同じクラスのYちゃんと一緒かと思いきや。

Yちゃん以外にも、同行者がいた。


プリ子「あら、Nちゃん・・・。」


Nちゃん。ポポ子やYちゃんと同じ保育園出身の子。

4月から同じ塾に通い出して、塾が3人とも同じクラスで

一緒に帰ってきた模様。



そして、なんと。

Nちゃん、Yちゃん、ポポ子は、

小学校でも、同じクラスになったのだった・・


子供の小学校は、マンションや戸建てが5千万円~8千万円する

住宅街に位置していて、首都圏でいったら中の上のエリアって感じだろう。


特に富裕層が住むエリアでもないため、住民の考え方が均一化しているのが特徴。


バスで行く距離にスイミングスクールがあるが、

この小学校のスイミングスクールの通学率は6割程度で、

この小学校の「バタフライが出来る率」は非常に高い。


過去記事:




更に、小学校低学年の公文に通う率も多かった。

公文の教室の中を除くと、知っている顔ばかり・・





スポンサーリンク

一方、公文に通っていない子供は、小1から、四谷大塚に通うパターンも多い。


以前は、子供3人いるご家庭とかは、私の勝手な思い込みで

地元の中学に通うものと思っていた。(教育費の観点から)


だが、ふたを開けてみると・・

小1から四谷大塚に通っていたうちの子は、3人兄弟の子だし、

前述のYちゃん、Nちゃんもどちらも、3人兄弟のパターンだ。


親御さんの教育費の負担はすごいだろうな~~と勝手に想像してしまうが、

やはりある程度、教育熱心なうちだと、

私立中高一貫の方が有利と判断して行動に移すパターンは多いようだ。



で、子供の小学校だけど小5の時点で中学受験の塾に行っている子は

非常に多い。


子供の小学校でメジャーな塾は以下の通り・・・


・SAPIX

・四谷大塚

・早稲田アカデミー

・栄光ゼミナール

・日能研

・市進学院

・トーマス etc…

上記の塾以外にも、たくさんの塾があり

なんかもー、わけわかんない感じですが

分かっていることはこのエリアは教育熱心な親御さんが多く、

勉強を小学校任せにしていない、という点。



実は、この地域に家を買う前に、

公立小学校別、私立中学進学率一覧表

というものが、教育委員会だか自治体だかのHP上で公開されていたのを

確認したのだが、10年前に確認したこのエリアの公立中学進学率は

6割程度であった。


あれから、住宅地がどんどんと開発され、

さらに教育環境を求めて、引っ越ししてきた(うちのような)世帯が、

公立中学の進学率を引き下げているようである・・・


実は、地元中学は、全く荒れていない。

それでも行かせたくない理由は、

「内申書」の点の競争率が高いから。


このエリアは、高校から行けるとこで大学進学率が良いところがあまりなく、

あったとしても、とんでもない偏差値であるので、

どちらかといえば、

「中学受験した方が、高校受験よりもマシな学校に行けるから」

といった、「始めから中堅狙い」の需要もあったりするのだ・・



そんな感じの環境なので、公立小学校の秩序?はかなり良いらしく、

先生方も「この小学校に転籍したら、子供たちや親御さんの行儀が良くてびっくりした」

などのコメントもちらほら。


私個人としては、これまで小学校でトラブルらしいトラブルがみられないので

このエリアで子供を住まわせていることに、非常に満足している。




中学受験の件は、周りがどうのこうのというよりも、

ポポ子と「あるべき姿」との距離を、どう縮めて行くかの取り組みなので、

今後は、子供自身の(弱さと)の戦いになるけども、

余計な部分で気を散らすことのない周りの環境は

本来やるべきことを効率よく進める上で、この上ないものと捉えているのだった。。





過去記事:












にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~





先週の人気記事 (PV)