生保出身の私が入っている死亡保険は【格安のグループ保険】です。なぜならば・・


スポンサーリンク



生保出身の私は、一般的な死亡保険が、ぼったくり保険であることを熟知しています。

営業チャンネルを通す保険会社の死亡保険は

保険料のうち、7割が会社の儲け、ぐらいの割合です。

(7割の儲けのうち、ざっくりベースで、営業5割、会社本体2割くらいかな?)

ライフネットとか、オリックスは営業チャンネルがないので、

まだ安いほうです。ですが、上記の営業部分のコストが削られるっていう程度。


子供が出来たとき、旦那の死亡保障をどうしようか? と考えたとき、

ライフネットで算出したのですが、たいして安くなかったです。

ですが、旦那の職場のグループ保険の保険料を計算したところ、

かなり安かったので、そっちに入ることにしました。


これは、団体保険 というものです。


なにがすごいか、というと・・


20代でも、50代でも保険料が一律、という、

数理計算上のリスク要因がまったく反映されていない点。


つまり、歳とっている人が入るとお得、という仕組みなのです。

しかも・・グループ内で、死亡率が低い場合は、

期末に保険料が戻ってくるのです。


ちなみに直近(2016年)では、

6割の保険料が戻ってきた、という脅威の還元率(!?)




もともとの保険料の設定も安いです。基本的にグループ内の従業員なので

保険金詐欺的リスク要因や、明らかな告知義務違反が少ないのも

保険料が安くおさえられる理由です。(人間ドックの結果もおさえられているし)


スポンサーリンク


ちなみにこの保険の保障は、

ダンナ死亡3,000万円、私死亡1,000万円

事故による死亡だと、保険金が増額されるオプションもつけています。

これで毎月1万円の保険料になるのですが、年末にグループ内の死亡率が計算され、

大体45~65%位、保険料が戻ってきています。


この死亡保険に入っている理由は、親ローンで家をかったため、

普通の住宅ローンの死亡保険が使えないからです。


上記の金額は、旦那の年齢(40代後半)を考えると格安と言えます。

生保の団体保険というのは、ネット生保を上回るコストの利点があります。


死亡保険は、年齢とともに、親の金銭的責任が軽くなるので、

死亡保険金額を、5年ごとに見直ししています。


これと、学資の「契約者死亡時」の払い込み免除、の保障を合わせると、

私的保険としては十分カバーしているといえますし、

生保のぼったくりを最小限にとどめているととらえているのです。







(ご参考までに、下記は過去記事です。)

保険金を税金で持っていかれないための情報です。


百戦錬磨の営業マンの手口を、業界目線で解説しています。




無料保険相談は、自分の個人情報を「無料で引き渡すこと」と同等です。



保険代理店での相談? 「公正」な判断は期待してはならない理由があります。



ソルベンシーマージン比率が高ければ安全? そう言いきる人は、素人さんです。




業界出身の私が自身の保険について実践していることを説明してます



日本人独特の保険の誤解について書いてます



損しない保険の代表格である≪学資≫の利点を最大限に生かしてます



得する保険&損する保険についての区分は以下の記事に詳細があります。










損害保険は、真逆のスタンスで、十分にカバーする必要があると思います。




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~






先週の人気記事 (PV)